週刊コミタン! 2016/04/24号

来週の気になるタイトル
04月25日
『ふつうの恋子ちゃん』(1)(ななじ眺/集英社/マーガレット)
・やや年齢層低めな王道もの。やまもり三香、森下suu、ひろちひろ、ななじ眺で棚の軸。この順で対象年齢下がっていくと思う。最近の「マーガレット」の鉄板感がすごい。

『聖樹のパン』(1)(山花典之・たかはし慶行/スクウェア・エニックス/ヤングガンガン)
・ピエロが出てきてリアクションに1巻使ったりしないが、読んでるとペンションで女の子とパンを食べたくなる。グルメ漫画コーナーにアクセントとして置きたい。
・グルメ一辺倒というわけではなくストーリーラインがあってヒロインもしっかりしている。グルメものという感じではないが面白い。

『春の呪い』(1)(小西明日翔/一迅社/ZERO-SUM)
・独特の世界観というか読んでると癖になる。テーマ設定とキャラ作りが抜群に上手い。(コレが漫画の面白さの2/3くらいの気がするが。)

『はるはめぐりて』(森泉岳人/エンターブレイン/ビーム)
・表紙が今までの作品と比べて一般に売れそうだと思った。装丁も良い。ただ森泉岳人感は薄れてしまったような…

04月26日
・・・
04月27日
『えい!えい!!営業ちゃん』(ウシハシル/KADOKAWA/電撃マオウ)
・営業を頑張る女の子が可愛くないわけがない!
・営業を頑張る男の子は『宮本から君へ』で。
04月28日
『WILD PITCH!!!』(1)(中原裕/小学館/ビッグコミックスピリッツ)
・野球ものだけど広い。青春の話なのだろうか。たった1巻までで高校野球→ドラフト→かからず不貞腐れ→独立リーグまではやると思う。中原裕らしい、野球という題材を使いこなして自由自在な力点の置き所。
・結構予想外な流れだったんだけど気を張らずに読めて面白い。恋愛要素がもう少しあると個人的には嬉しい。
・ど真ん中ストレートだった前作からの外にはずれる変化球。野球漫画を読んでる人に読んで欲しい作品な気がする。最初からクライマックスなのも良かった。
・『ストッパー』(水島新司)みたいな話かと思っていた。

『微熱空間』(1)(蒼樹うめ/白泉社/楽園)
・うめセンセーの描くちょっと抜け気味な義理のお姉ちゃん。蒼樹うめファンにはぶっ刺さだと思う。
・「楽園」は義理もの好きなのかな。仙石寛子も。
・仙石寛子のは仙石寛子の性癖だと思う
・読んで自然と口角の上がるニヤニヤ漫画。最近コミタン!で話題にするのが女の子がかわいい系の漫画が多かったのでニヤニヤ漫画は希少になっている気がする。
・報われない百合要素もあり、ますますファンには受けが広い。

04月29日
・・・
04月30日
・・・
今週の思うところ
『ファイアパンチ』(藤本タツキ/集英社/少年ジャンプ+)
・巨人並に売れそう。争奪戦不可避。

コミック担当書店員による来月期待の新刊チェック! 2016年5月発売分

今月は配信はありませんでした。

期待作に◎、棚のワンポイントや物申すなタイトルに○付き。Googleスプレッドシートでの言及まとめ。
https://docs.google.com/spreadsheets/d/1-aZJymy5Bkj3BWyncORKCKepfFgG8SwAs3ZYXcD1i_U/edit?usp=sharing

5月の注目作(7人中3以上のもの)
◎/○ 6つ
05/30 少年画報社 YKコミックス 肉女のススメ(1) 小鳩ねねこ

◎/○ 5つ
05/19 集英社 ヤングジャンプコミックス ひゃくにちかん!!(1) 那多ここね

◎/○ 4つ
05/06 講談社 ヤンマガKC アルキメデスの大戦(1) 三田紀房

◎/○ 3つ
05/17 講談社 マガジンエッジKC 新約Märchen(1) SoundHorizon、鳥飼やすゆき
05/23 KADOKAWA MFコミックス フラッパーシリーズ ネトラレミノル(1) 國本隆史

4月に比べてやや静かめなものの、6つのチェックがついた作品が!楽しみですね。

週刊コミタン! 2016/04/17号

来週の気になるタイトル
04月18日
04月19日
『タネも仕掛けもないラブストーリー』(1)(伊藤正臣/集英社/ミラクルジャンプ)
・伊藤正臣らしい可愛い女の子主人公+一風変わった設定。今回は高校の奇術部でのジリジリ近づくラブ。カラーが巧いので女の子系のところで面だしする価値がある。
・可愛い女の子を描く上で乗せてくるワンアイデアが毎回面白い。夏になったら『片隅乙女ワンスモア』の事を思い出して一緒に売ろう。
・ヤンマガの「手品先輩」が面白いのでそこまで引っ張って併売。

『いっぽん!!しあわせの日本酒』(1)(増田晶文・松本救助/集英社/グランドジャンプ)
・日本酒のうんちくが十二分で日本酒愛好家でも楽しめる。百貨店づとめの女性主人公がやたら可愛く描かれており、いや可愛いんだけどこれは普段マンガ読まないオジさんにも好みだろうか?という感。とりあえず「dancyu」とか「おとなの週末」の横に置きたくなる。
・結構いま日本酒が流行っているのでその入口に良いですね。

04月20日
・・・
04月21日
・・・
04月22日
『高嶺の花なら落ちてこい!!』(1)(夏目あやの/スクウェア・エニックス/ガンガンONLINE)
・イケメン行動をとりがちなヒロインと翻弄されるイケメンヒーローのコメディ。SDキャラが結構可愛い。

『ふんばれ、がんばれ、ギランバレー!』(たむらあやこ/講談社/Kiss)
・ギランバレー症候群という奇病を発症した著者の体験エッセイコミック。『透明なゆりかご』あたりとの併売が良さそう。

04月23日
・・・
今週の思うところ
『魔法のリノベ』(星崎真紀/双葉社/JOUR)
・ノーチェックだったけどたまにあるジュールコミックの当たりのやつだと思う。家の漫画集めて女性に向けて出したり「漫画TIMES」あたりとの併売で男性にも売りたい。

週刊コミタン! 2016/04/10号

来週の気になるタイトル
04月11日
『スペシャル』(1)(平方イコルスン/リイド社/トーチ)
・一冊(ないし半分ぐらい)読むとキャラクター味わいが分かる。つまり初見に売るには・・・?
・めっちゃ『セクシーボイスアンドロボ』の色合いと被った。

『BOX!』(2)(佐伯/少年画報/ヤングコミック)
・大学の新入生ものなので新刊のタイミングとしてはばっちり。表紙も引き続き春だな~という感じが良い。『僕らはみんな河合荘』と『ぐらんぶる』を足して3で割ったみたいな漫画。

04月12日
『アイドれ!グリーンラプソディ』(1)(くみちょう/小学館/やわらかスピリッツ)
・アイドル好きマンガ家くみちょうによる、架空の地下アイドル楽屋裏マンガ。TOBI系のカワイさとは違って頑張る女の子話、本来なら男性だけが受け幅ではないと思いたいが自分にはビンビンきすぎててもうよくわからない。くみちょうの描く女の子が楽しそうにしてるだけでもう…。

『ゆーあい』(2)(とこみち/フレックスコミックス/メテオ)
・1巻と2巻の装丁の落差すごいな。1巻のほうが作品らしいけど、もちろん2巻のほうが売りやすい。夏感って強い。1巻メタメタだったので挽回したい。

『サングリアル~王への羅針盤~』(1)(寺山マル・田波有希/小学館/ビッグコミックスピリッツ)
・権謀術数渦巻く王位継承ファンタジー。『辺境のシュヴェスタ』との併売を義務付けられている。

『グッド・ナイト・ワールド』(1)(岡部閏/小学館/裏少年サンデー)

・『ナツノクモ』よろしく現実で不和な親子がオンラインで共闘するというテーマが現代的で面白い。

04月13日
『hなhとA子の呪い』(1)(中野でいち/徳間書店/COMICリュウ)
・中野でいち独特の絵柄が、エロとグロ(と愛)を題材にしたことでハシりにハシっている。万人受けは難しいかもしれないが、題材も含めて目を通してみるべき作品としてサブカル短編集としてそういう棚にさしたい。

『ソワレ学級』(1)(靴下ぬぎ子/徳間書店/COMICリュウ)
・空気感を切り取ったような表紙は受けが良いいんじゃないかな。表紙買いも多そう。コミティア系の並びを作っで売りたくなる。

『透明なゆりかご』(3)(沖田×華/講談社/ハツキス)
・(メモ)既刊揃える。

『地球のおわりは恋のはじまり』(1)(タアモ/講談社/デザート)
・ザ王道少女漫画感。ろびこ然り男性に売れる少女漫画作家。絵が可愛くて和まされる。

04月14日
『PYGMALION—ピグマリオン—』(1)(渡辺千紘/マッグガーデン/ビーツ)
・売れている『グレイプニル』と併売でどうでしょう。
04月15日
『Gのサムライ』(田中圭一/リイド社/トーチ)
・嘘みたいに綺麗な表紙だが中身は流刑地で童貞のまま死にたくない男たちがあーでもないこーでもないと苦肉すぎる策を講ずる田中圭一らしいド下ネタ。ファンにとってはお約束なので探しやすさで置き、この表紙に騙されてご新規さんこないかな。
・噂によるとBLクラスタが形成されつつあるらしいが・・・?

『ARAMITAMA』(1)(ゴツボ×リュウジ/講談社/マガジンエッジ)
・近未来での調伏師アクション。画面がお洒落でカッコイイ。女の子も可愛い。マガジンエッジコミックス創刊!
・未完に終わった『荒魂トライブ』のセルフリメイク?ゴツボ兄の描く関西弁の女の子はだいたい可愛い法則。下手な鉄砲と言わんばかりにバトってる最中にも笑いを取りに行く姿勢が好き。そして面白い。

04月16日
・・・
今週の思うところ
・・・