コミタン! Tools 1.W3 Helper

昔作って少し使っていたツールを公開します。
大手取次・N社が提供するデータから「実売の偏在」を可視化し、必要な販売施策の仮説構築を手助けするツールです。

W3 Helper
http://comitans.info/W3/Analyzer.php

How to
http://comitans.info/W3/howto.php

[留意点]
・該当データにアクセスすることを前提とする、ごく一部の方々向けのものとなります。
・「入荷数5冊」が軸になっているのは作成者の勘です。

使ってみたいが説明がよく分からない、データが取り込めない(ありがち)、というような場合は三木までご一報いただければお手伝いいたします。

コミック誌雑誌コードまとめ(2014年7月7日更新)

コミック担当者向けコミック誌の雑誌コード用辞書ファイルを作成しました。
これでいちいちウェブで雑誌コードを検索しFujis○n等のサイトを回遊する手間を大幅カット。
雑誌コードをもつ全雑誌を抑えたわけではありませんが、おおよそのものとしてご理解ください。

(1)

IMEソフト用の辞書ファイルを右クリックでダウンロードしてください。
20140707_comitans_コミック誌雑誌コードまとめ – 雑誌コード

(2)

各PCのユーザー辞書へのインポート方法は以下のサイトをご参照ください。
こちらでテストを行えたものだけの紹介になります。

[Google日本語入力]

https://support.google.com/ime/japanese/answer/166765?hl=ja&ref_topic=25606

またはWindows 7では以下の手順。
コントロールパネル>>地域と言語>>(タブ)キーボードと言語>>キーボードの変更>>(タブ)全般>>Google 日本語入力>>プロパティ

以上から
(タブ)辞書>>ユーザー辞書の編集>>(メニュー)管理>>選択した辞書をインポート>>ファイルを選択>>インポート

[MS IME]

http://www.microsoft.com/ja-jp/atlife/tips/windows/windows8/025/default.aspx

またはWindows 7では以下の手順。
コントロールパネル>>地域と言語>>(タブ)キーボードと言語>>キーボードの変更>>(タブ)全般>>Microsoft Office IME 20XX>>プロパティ

以上から
(タブ)辞書/学習>>(「ユーザー辞書項目」)編集ー辞書の編集>>(メニュー)ツール>>テキストファイルからの登録>>ファイルを選択

*************************

また余談ですが、個人的には作品名や作者名、出版社名などの固有名詞変換に強いGoogle日本語入力の使用を好んでいます。

[その他]
Webで見れればいいやという方はこちら。
https://docs.google.com/spreadsheets/d/1kq_8-6340CNxOMgRv6gGF0gyxIUz1nu6foNnd1a2H5g/edit?usp=sharing

作業者:myt(ファイル・記事作成),くねす(元データ作成)