週刊コミタン! 2013/03/03号

来週の気になるタイトル
3月4日
『新米婦警キルコさん』(1)(平方昌宏/集英社/週刊少年ジャンプ)
・ネット(2ch,ふたば)でのカルトな人気は実売に結びつくのか?打ち切りレースはかろうじて次点という感じだが・・・。購入層は男性で年齢高めなんじゃないでしょうか。デフォルメが効いていて単純なパーツの組み合わせでコロコロ変わる表情が可愛い。先輩警官の適当さには『正義警官モンジュ』(宮下裕樹/小学館/サンデーGX)の主人公を連想。
・「アライブ」とか「ブレイド」でやっていそうなマンガだが、「週刊少年ジャンプ」を読むような一般層への訴求力はどれ程だろうか計りかねる。こういうキャラ漫画の方が長期連載には向いているはずなので続いて欲しい。キルコさん可愛い。

『クロス・マネジ』(1)(KAITO/集英社/少年ジャンプ)
・最近のジャンプで一番面白いと思うが、巻末らへんに掲載されているので、いつ打ち切りになるかひやひやしながら読んでいる。ジャンプと言う少年誌の王道のなかで、主人公がスポーツやらずにマネージャー、部活はマイナーなラクロス、そして女子部という、よくこの設定で連載会議に通ったと思うほどジャンプには向かない条件が揃っているが、「友情・努力・勝利」とは一味違ったスポーツ漫画が載ったていいじゃない。最近では主人公とヒロインだけでなく、部員一人一人にスポットを当ててキャラを掘り下げているので、作品に広がりが出てきているが、部員全員にフラグがたって違った方向に行かない事を願う。
・最近の連載での展開の早さ、特に試合の飛ばしっぷりは打ち切りを思わせる。週刊だとどうしても仕上げが甘くなってしまうのか、キメゴマの表現力は素晴らしいのに抜いた絵が雑に見えてしまう。伝えたいテーマなど凄く良いので「SQ.」などに移ってしっかり絵を描き込んで欲しい。
・この作品は間違いなく打ち切られるだろう。一番の問題点は掲載誌が「ジャンプ」だったということ。時間をかけて世界を構築し、周囲のキャラクターを固めていくことができれば間違いなく傑作になっただろう。作者の未来のためにコミックスを販売して、次回作に期待か。前述したように「ジャンプ」とは合わない作風のために内容はかなり駆け足になっている。それでも大事にされている日常パートを好むマンガ好きは多そうなので、アピールするならばコア層へ。

『ドラゴンボール超全集』(2)(鳥山明/集英社)
・1巻の発売前は情報が無く売り上げ予想がつかなかったが、昔発売された『ドラゴンボール大全集』に鳥山明の新規インタビューが載った新装版とわかれば、売れないわけがない。1巻発売時は取次に在庫があったので、2巻も入荷が少なければそく追加手配をしたい所。
・うちはカラー版含めてダメでした・・・。

『亡国のジークフリート』(2)(天望良一/講談社/ライバル)
・マガジン連載中で大ヒットとなった『七つの大罪』(鈴木央)と併売したい。この作品には、鈴木央の直近の長期連載だった金剛番長と同じ匂いを感じる。あくまで大真面目なのだが、自分を貫き通す主人公のキャラクターの強さや、情景とのアンマッチさから生まれるシュールさが似通っているのか?ともあれ、売り伸ばしたいタイトルのひとつ。

3月5日
『もっとやにゃかさんぽ』(わかつきめぐみ/白泉社)
・ここからでも買いやすいタイトル、話に連続性がないエッセイ系の続刊としてこの配慮はありがたい。このマンガに限った話ではないけども猫マンガは人と猫との間のプロトコル、お約束を理解しているとより楽しめるのかなと気づいた。

『ULTRAMAN』(2)(清水栄一・下口智裕/小学館クリエイティブ/HEROS)
・山手線構内の電子ポスターに大きく広告が出る模様。目ざましテレビなどでも紹介され2巻発売のタイミングで売れ伸びる可能性あり。

続きを読む 週刊コミタン! 2013/03/03号

週刊コミタン! 2013/02/24号

来週の気になるタイトル
2月25日
『俺物語!!』(3)(アルコ・河原和音/集英社/別冊マーガレット)
・色々と受賞して帯が喧しいがこれで書店員に対するアピール度も十分だろう。あまり押し出しはせずしかし確実に売ろう。少し探してもらえるぐらいがいいので、「入荷しました」という看板掲示はしっかりやりたい。

『恋する女の子はいつも』(四元シマコ/集英社/別マTWO)
・別マTWO掲載作品のみでは一冊にならないハズ。ビアンカからのも掲載?な短編集。男の子ではなく男として異性を意識しはじめた女子たちの恋が成就するまでの作品が多い。恋愛というファンタジーに向き合う女子たちのリアルをうまく描いているが、内容的にはそれでもまだファンタジー寄り。女の子はお砂糖とかわいいものと恋でできているみたいなテンション。内容で判断するならば別マ銘柄の中では対象年齢は低めに設定するべきか。

『茜君のココロ』(湯木のじん/集英社/別マTWO)、『恋する女の子はいつも』(四元シマコ/集英社/別マTWO)
・別マの新人がしっかり育ってきている気配。ただ実際の売り上げにつながるのがランキング入りするか、賞などを取ってからの場合が多い。売り場でいかに注目の新人としてアピールしていくかが課題。
・しかし「別マ」の層は厚い。「別マ」一誌から「別マSster」と「bianca」/「別マTWO」が出てさらに「ザ・マーガレット」にも新人を派遣。本誌掲載ともなるとしっかり磨かれていてどれも読み応えがある。『君に届け』しかり看板作品の存在が勢いとゆとりに繋がるのか?取り上げたこの2タイトルは「別マTWO」から。女の子同士の絡みやサポートはやや少なく、男の子が気になり始めて付き合・・・いやその手前まで・・・いやでも最後には・・・みたいな距離感。『俺物語!!』の売れ行きとはおそらくまるきり無関係でしょう。

『どーにゃつ』(2)(コザキユースケ/スクウェア・エニックス/ヤングガンガン)
・1巻の配本が渋かった印象。2巻はどうなるか。SFでのフックは弱そうなので『しろくまカフェ』『きのこいぬ』『ぢべたぐらし』あたりとの並売が良さそう。

2月26日
『ナツメキッ!!』(7)(七島佳那/小学館/Sho-Comi)
・平積みでガシガシ売れているわけではないが小中学生くらいの層に棚で動いている。
次世代のマンガ読みを育てる意味でも上記の層を意識した棚作りもしていきたい。

『恋におちたら』(藤緒あい/小学館/Cheese!)
・12月に初単行本が発売した藤緒あいがまさかの速度で2冊目を刊行。これは本誌で相当推してるんじゃねーかと!アラサーこじらせ系の派生種というか、初恋もまだの見栄っ張り女子大生とおじさんの恋愛譚。この作者は、大人と子どもの精神性の描きわけがとても上手いので、年の差ものは大歓迎。ややαよりな内容同様に、購買層は高めに設定したいところ。

続きを読む 週刊コミタン! 2013/02/24号

週刊コミタン! 2013/02/17号

来週の気になるタイトル
2月18日
・・・
2月19日
『レイチェル・ダイアル』(1)(皿池篤志/集英社/ミラクルジャンプ)
・「ミラクルジャンプ」期待の星。例のアレをやりました。かなりいい内容だと思います。発売日近いところでいえば『KEYMAN』(わらいなく/徳間書店/COMICリュウ)の層を狙ってみたい。

・ミラクルジャンプ期待の新人。お転婆お嬢様と漫才コンビのようなアンドロイドの掛け合いが面白い。
レトロフューチャーな世界観や、味のあるガジェット、代理戦争時のロストテクノロジーなどなど見所が満載。友人に口コミで広めたくなるような作品。個人的な感想としては「イブニング」の棚前に合いそう。

・読みきりから連載にという「ミラクルジャンプ」お得意のパターンの第1巻。レトロな雰囲気漂うサイエンスフィクションでもあり、すこしふしぎでもあるSF作品。スラップスティックアクションなれど、キャラクターや設定に必然性があり、新人ではあるが長く棚でアピールできるだけのポテンシャルを秘めている。刊行ペースと初版部数がネックになりそうだが、20代後半から30代後半の映像化されたSFを観て育ってきた世代にはなにかしらの訴えかけるものがあるだろう。個人的には『砲神エグザクソン』(園田健一)や、『セラフィック・フェザー』(うたたねひろゆき)中期などのアフタヌーン世代向けかなー?と。

『極黒のブリュンヒルデ』(4)(岡本倫/集英社/ヤングジャンプ)、『君は淫らな僕の女王』(岡本倫・横槍メンゴ/集英社/ミラクルジャンプ)、『クズの本懐』(1)(横槍メンゴ/スクウェア・エニックス/ビッグガンガン)
・関連商品3冊同時発売。配本数は違うだろうが並売はマスト。『君は淫らな~』は思っていたよりかは過激ではない装丁なので買いやすくなっていると思う。折角なのでブリュンヒルデも既刊を揃えてフェア展開したいところ。

・併売必須。萌えっぽい絵柄でセクシー系コメディを描く新人としては異例といっていいほどの活躍っぷりだろう。棚では双葉社刊『はるわか』と並べるのがベストだが、集英社の棚で『源君物語』(稲葉みのり/集英社/ヤングジャンプ)などと並べるのも選択の一つだろう。全部一緒に棚作るのが一番良いのは間違いない。『クズの本懐』は部数が厳しそう。初回と追加で取れないとしばらく切らしそうな匂いがプンプンする。

続きを読む 週刊コミタン! 2013/02/17号

週刊コミタン! 2013/02/10号

来週の気になるタイトル
2月11日
・・・
2月12日
ゲッサン『あやしや』(2)(坂ノ睦)、『信長協奏曲』(8)(石井あゆみ)、『ちろり』(2)(小山愛子)、『ツール・ド・本屋さん』(1)(横山裕一)、『ラブロマ新装版』(5)(とよ田みのる)、『アサギロ』(7)(ヒラマツミノル)
・少年、少年、A5、A5、B6、少年。この恐ろしい倉庫番ゲームの答えになる販売台があるんだろうか・・・。「ハルタ」発売日と近いのも何か仕掛けがあるかとワクワクポイント。雑誌どうしではクロス企画があるようだ。


ゲッサンの単行本では『VANILLA FICTION』(1)(大須賀めぐみ)が堅調。

『信長協奏曲』(8)(石井あゆみ/小学館/ゲッサン)
・特に改めて言及することはないけれど、8巻の表紙が攻めすぎじゃないかと。初速が悪かった暁には、声を大にしてこういう遊びはカバー裏でやれと言ってやりたい。とにもかくにもいかつい表紙。リイド社、新書も刊行すんの?ってくらいで辟易とする。

『悪戯ちょうちょ』(2)(綾瀬マナ/双葉社/コミックハイ!)
・寒の1巻、暖の2巻という対照的な表紙の作り。まずは百合の棚、表紙は男性受けなところで素直に並べたい。表紙からは伝わりづらいが音楽ものでして、これまた表紙とは裏腹にかなり情動的な演奏シーンが魅力。ストーリーの中心は近づきたいけど近づけない・・・な女の子二人の心情を描くことが中心ですが、演奏者としての研鑽が二人の関係に変化をもたらすのも面白い傑作。女性ベテラン百合読者各位がどのように読むのかも知りたいところ。

・クールな1巻とは対照的に、暖色で笑う2人の姿がso cute!つぼみのビッグタイトルと同日発売なので、新刊棚では意識的に配置したい。イマイチ百合感が分からなかった1巻表紙と比べ、女の子のきゃっきゃうふふが前面に出ているので、百合初心者にもアピールはしやすくなった。現状で、客層のほとんどがコア層なので、逃さずに新刊へ誘導したい。

・「つぼみ」と一緒なのは要チェックポイントでした。

・装丁の印象で1巻の動きは遅かった。手にとってもらえれば確実に面白い作品なのでそこへのステップをいかに減らすか、またはそこへの動機づけをいかに作るか。百合モノとして扱ってしまうといたずらに間口を狭めてしまうので『四月は君の嘘』(新川直司/講談社/月刊少年マガジン)の横などで音楽漫画として売り場では展開して行きたい。

『シドウ~最後の晩餐料理人~』(1)(田中顕/少年画報社/ヤングキング)
・悪事を犯した人間に、七つの大罪をモチーフにした料理を食べさせる必殺仕事人みたいなイメージで良し。1とナンバリングこそあれど、2巻が出る気配はあんまりないなと…。個人的に物凄く楽しんだ作品ですが、帯だけはいただけない!森田まさのりに書いてもらうんだったら、普通にキャッチーなフレーズで飾ったほうが販促になるよ!

・表紙のすごい悪魔感。あと森田まさのり帯といえば『日々ロック』(榎屋克優/集英社/ヤングジャンプ)。またあの帯付きで出してほしい。

『ふたりの恋愛書架』(1)(ヤマザキコレ/芳文社/まんがタイムきららフォワード)
・変に実在の書籍にフォーカスしないで、中学生と古本屋店主の女性がいちゃいちゃしたりするマンガ。雑に言うと、年上女子萌え、煩悩寺(秋★枝/メディアファクトリー/コミックフラッパー)古本屋版、謎を解かないビブリア古書堂ラブコメ派みたいな作品かなと。20代半ばくらいからの男子がメイン層になりそう。同社刊、『となりの柏木さん』(霜月絹鯊)が動いている店舗ならば数字は出そう且つ、併売必須かと。

『今日もいい天気 原発事故編』(山本おさむ/双葉社/しんぶん赤旗日曜版)
・田舎暮らし編では東北の豊かな自然を描きその素晴らしさを十分に伝え、原発事故編でそれがブチ壊される様を描く。客層としては『おせん』(きくち正太/講談社/イブニング)や『美味しんぼ』(花咲アキラ/小学館/ビッグコミックスピリッツ)等辺だと思うが、田舎暮らしを描く漫画などとつなげて客層を広げたい。

続きを読む 週刊コミタン! 2013/02/10号