週刊コミタン! 2013/06/09号

来週の気になるタイトル
06月10日
『月影ベイベ』(1)(小玉ユキ/小学館/flowers)
・『さよならアポロン』で実績十分なれど、アニメで流入したライト層についてはアピールを怠ると売れない気がする一冊。今作ではまず「フィールヤング」読者を狙いたい。なんか方言キャラを描かせるとすごくイキイキしてる感じがして良い。
・やはり面白い。ジブリの『海がきこえる』に似たシチュエーションなのでその辺が好きな人に。(狭いか?)

『ジンカン 人の間はおもしろく生きる』(1)(大月康成・あかほりさとる・木谷高明/マッグガーデン/BLADE)
・目を疑う企画だったがなんと単行本化まで。「あかほりさとるのセクハラ→木谷高明の業績好調自慢→しかしそこには見落としていた影が・・・」という展開はもはや様式美。プロレスファン、ブシロードファン、そのどちらかだけではオススメできない。

『キミと死体とボクの回答』(1)(ヨゲンメ/マッグガーデン/BLADE)
・ブレイド本誌のなかでも絵柄が女子にウケそうなので、狙うならばその層か。いまだと、デビルサバイバーとかの近くに置くのがいいんでないですかね。同社だと、『空想郵便局』(朝陽昇)でしょうか?タイトルからは推理物っぽいけど、そうではないことが帯なんかからわかるといいなと。

06月11日

続きを読む 週刊コミタン! 2013/06/09号

週刊コミタン! 2013/06/02号

来週の気になるタイトル
06月03日
水木しげる全集
・配本薄い!油断した。こういう受け客層の広い商品は二ヶ月は推しておきたいのに。ちなみに予約はゼロでした。
06月04日
『食戟のソーマ』(2)(附田祐斗・佐伯俊/集英社/週刊少年ジャンプ)
・1巻はそこそこ動いている。この勢いを切らさないため積極的に展開して行きたい。ストーリー展開が『天○天下』にしか見えない・・・。

『戦場アニメーション』(1)(中田貴大/集英社/ジャンプSQ.)
・配本少なめ。アニメーターと漫画家の違いはあるが、タイトルなど『G戦場ヘヴンズドア』(全3巻)(日本橋ヨヲコ/小学館/IKKI)を彷彿とさせる熱い作品作り。『ハックス!』(全4巻)(今井哲也/講談社/アフタヌーン)、『アニメの時間』(全2巻)(青井とと/マッグガーデン/コミックブレイド)売るチャンスでっせ!ちなみに「戦場」で「いくさば」と読む。

『桃の魔術師』(1)(荒木宰・原田重光/講談社/ライバル)
・原田重光はオチものドタバタラブコメラッキースケベマンガが上手いなあ。荒木宰が現在「マガジンSPECIAL」で連載中のスッキリしたラブコメで溜まったリビドーをこちらで発散といきたいところだ。
・性欲で桃魔術という設定と原作者だけでもう勝ちは見えてる。原田重光ファンとライバルは遠いところにあると思うので、そこを結びつけつつ本来のライバル層にもアピールしたい。部数は渋め?巻を重ねるごとに部数が落ちる印象のあるレーベルなので、1巻からでもガシガシ展開したい。

『サクラサク症候群』(1)(保志レンジ/講談社/ライバル)
・進学校から難関医学部を志望するガリ勉寡黙主人公と、天真爛漫自由奔放・別のマッチョな好青年に片想い120%の幼馴染ヒロイン二人の受験マンガ。主人公が幼馴染に惹かれはじめつつも、ヒロインは知ってか知らずか恋愛相談(=受験勉強としてつながる)をザブザブしてくる受難、でも「可愛い」が見所。ため息が出る。
・配本は超減数だが、発売即話題に!売れ行き良好!ということはないだろう。確実に追加をとる。

続きを読む 週刊コミタン! 2013/06/02号

週刊コミタン! 2013/05/26号

来週の気になるタイトル
05月27日
『マチキネマ』(2)(サメマチオ/宙出版)
・6/14に延期
05月28日
『富士山さんは思春期』(1)(オジロマコト/双葉社/漫画アクション)
・オッサンに限らず男性陣に売れること必至。まずはそこからで次は女性。3万の壁はそのあたりにありそう。しばらくは新刊台一等地でいいんじゃないでしょうか。
・やはりメインの客層は男性か。作家ファンを意識するよりも、あまりアクションに馴染みのない若年層にもフェチラブコメ的に響くような展開をしていきたい。特に今年はエロティックなラブコメ銘柄で目立つものが多いので、そこらへんとの併売は必須だろう。また、一部書店員に熱狂的なファンがいるタイトルなので、書店側からの拡散により話題になりそうな予感はある。
・幼馴染の距離感とか女子への興味とか、夏の日差しとか思春期の煩悶が良く描かれている。かつて悶々した青春を送った男子には必ず刺さるので読むべし。
・なんとなく『高校球児ザワさん』(三島衛里子)に通じる目線。

『空拳乙女』(1)(湯浅ヒトシ/双葉社/漫画アクション)
・絵柄が良いのだが絵柄で手に取られにくそうな作家。昨今の描き込み過多な作品が多いなか、空間の多い画面は読みやすい。年齢の高い人には刺さると思う。

続きを読む 週刊コミタン! 2013/05/26号

週刊コミタン! 2013/05/19号

来週の気になるタイトル
05月20日
『マダム・プティ』(2)(高尾滋/白泉社/別冊花とゆめ)
・対象年齢が「花とゆめ」からあがり、ストーリーにサスペンスを交えつつ骨太な進行。『明治失業忍法帳』の杉山小弥花と売りたい。

『おとりよせ王子 飯田好実』(3)(高瀬志帆/徳間書店/ゼノン)
・そろそろ女子版とか出ないかな。同誌から同日発売であわせてきたグルメもの『ワカコ酒』(1)(新久千映)、こちらはさらに女性目線。『のれんをくぐりましょ。』(イーストプレス)とあわせたい。

『ワカコ酒』(1)(新久千映/徳間書店/ゼノン)
・某書店チェーンのコミック担当はお酒好きが多く絶賛。男性女性ともに向けて展開したい。
・販促物のとっくりが郵送の箱のなかで割れている事案が発生したらしい。

『ヴァイアンメイデン』(1)(村田真哉・新崎コウ/秋田書店/チャンピオンRED)
・原作をやれば虫が出てくるでおなじみの村田真哉による学園能力バトルもの。やはり虫の能力は登場するし、鳥とか海洋生物とかも出てくる。アラクニドとの併売は必須、リョナっぽいので、コミックヴァルキリーあたりの作品とも親和性が高いように思える。

05月21日
・・・

続きを読む 週刊コミタン! 2013/05/19号