週刊コミタン! 2013/07/07号

来週の気になるタイトル
07月08日
『アヤメくんののんびり肉食日誌』(町麻衣/祥伝社/フィールヤング)
・ヤマシタトモコと「onBLUE」のおかげか、フィールヤングコミックスもB6版が主流になりつつある。A5棚ってレーベルイメージでまとめるのが難しくなりがち(棚幅狭くて出版社別とかにし辛いせい?)だからB6歓迎。B6参入時しばらくは何かのタイトルにパラサイトしないと場所が取れないのが難点。フィールヤングでまとめるならヤマシタトモコとえすとえむが中心になるでしょう。このタイトルに関しては横にレーベル・判型揃いの『うどんの女』(えすとえむ)をおいてみたい。

『くらすはこ』(ねむようこ/集英社/ガールズジャンプ)
・GJや改からの短編集。こういう作品は単品売りしやすい印象。
・集英社が発売日を併せた・・・。同日の『トラップホール』は判型違いだが一緒に。

『【閲覧注異】』(1)(DAY WALKER・阿鬼乱太・proguction魁/秋田書店/ヤングチャンピオン)
・まさにヤングチャンピオン版MMR。夏の怪談に丁度いい感じですね。

07月09日
『南国トムソーヤ』(1)(うめ/新潮社/@バンチ)
・なんとピッタリ1年ぶりの新刊。夏らしい内容とのあわせあるいは琉球神道的に7月に意味があるのかどうかはさておき、さすがに間が開きすぎて既刊がここまで到達しなかった。続刊はテンポよく刊行されることを期待。
・1巻で伏線が広がりいよいよ真相に迫る展開に期待。

『無重力コミュニケイション』(4)(大柴健/講談社/別冊少年マガジン)
・主人公が能力に目覚めやっと話が転がり始めた所での終了は少し残念。

07月10日
『リピートアフターミー』(1)(ヤマモトマナブ/マッグガーデン/BLADE)
・なぜか作家が全国大学生協で紹介されている。
・「BLADE」らしいが新人らしからぬ大上段に構えたループもの設定の初単行本。記憶を引きつぎながらループを繰り返し、一連の殺人事件の真相に迫っていく。絵が達者なのと掴みのある設定でこのところの「BLADE」新連載のなかでも気になっている。かるーく神とか出てくるところが実に「BLADE」っぽい。

『燃焼系魔法少女やまとなめてお』(まいたけ/マッグガーデン/BLADE)
・倒錯系魔法少女。マジカルスティックのホームランアーチスト。アキバでは売れそう。もう少し続くかと思ったが単巻で終了。少し手が出にくくなりそう。

『エレGY』(1)(大岩ケンジ・泉和良/星海社/最前線)
・大岩ケンジ好きなんだよなー。キャラデザはブラックロックシューターなどのhuke。青春こじらせ物好きに沢山売りたい。

『すくみズ!』(tugeneko/星海社/最前線)
・『彼とカレット』(アスキー・メディアワークス/週刊アスキー)の著者のスク水ショート。『ぱにぽに』(氷川へきる/スクウェア・エニックス)とかに近い作風。

『―準備中。』(3)(やまざき貴子/小学館/flowers)
・群像劇すぎて方向性がまとまらぬ。全員を巻き込むような事件がなくとも日常は続くというのはフィクションの一つのあり方ではある。

07月11日
・・・
07月12日
『部長に威厳はありません』(1)(高橋真弥/ほるぷ出版/メテオ)
・実力皆無でドジで巨乳な部長とドSで実力派の後輩とのちぐはぐコメディ。ややテンプレ感はあるが受け入れられやすそうな作品。

『篠崎さん気をオタしかに!』(1)(氷川翔/ほるぷ出版/メテオ)
・入学ぼっち確定の主人公が目をつけたのは隣の席のよく見ると美人な子。でもその子はオタク趣味で話を合わせようと主人公までそっちの道に・・・。絵柄も良く、メテオの客層にはきちんと届くであろう。

『なぎとのどかの萌える不動産』(1)(板倉梓/講談社/Kiss+)
・女性不動産屋コンビがあなたのためのベストな家を探します。テイストは掲載誌のとおり女性向けな一方、板倉梓の萌える絵柄+タイトルでちょっと女性アピール難しいかなという懸念が少しあった。が、装丁案を見せていただいて少し安心。ブラウン系の落ち着いた配色+帯で「萌える」の意味を問いかけており女性層に随分投げやすい。

07月13日
『ストラヴァガンツァ-異彩の姫-』(1)(冨明仁/エンターブレイン/ハルタ)
・連載で読んでいると最初は姫様萌えのようなマンガだったのにいつの間にか『リュウマノガゴウ』(宮下裕樹)や『進撃の巨人』(諫山創)みたいな「人類バーサス巨大生物」マンガになっていて驚いている。
・鎧を脱ぐと誇り高き美女。性格は天真爛漫というグッとくる設定。強さの中に弱さが有り、でも芯は強い。そういう女性の理想形。

『放課後!ダンジョン高校』(1)(山西正則/徳間書店/COMICSリュウ)
・先がシンプルで見やすいが造詣に艶がある。『ライコネンの熱帯魚』(秋田書店/チャンピオンRED)でも感じたが、ミステリアスな女性を描くのが上手い。ダンジョンと青春のマッチングはいいおっさんホイホイ。

『アシ妻物語』(1)(岡本ジュリー/マッグガーデン/EDEN)
・拡材にちゃんと旦那がコメントを寄せていて良し。という感じ。旦那サイドが描かれている『特火点』と一緒に読むといいだろう。

今週の思うところ
・『暗殺教室』(5)の配本数、知っている範囲だと5の倍数ばっかり。

・講談社漫画賞の授賞式に行ってきてそうそうたるメンツにドキドキしました。書店員は自分を含め4人くらいしか居なかった。と思う。一瞬、福本さんが現れてすぐお帰りになられたがそのときは「ざわ・・・ざわ・・・」しました。僕の中で。

■2013年06月27日~07月04日のレポート(myt調べ)
タイトル出版社指数値ISBN
君に届け  19集英社3.224088450590
テルマエ・ロマエ   6エンターブレイン3.164047288950
NARUTO-ナルト-  65集英社2.34088706617
アイアムアヒーロー  12小学館2.084091852408
暗殺教室   5集英社1.484088707699
おやすみプンプン  12小学館1.314091515495
キン肉マン  43集英社1.214088708709
トリコ  25集英社0.914088707664
ハイスコアガール   4スクウェア・エニックス0.94757539568
ドロヘドロ  18小学館0.84091886256
闇金ウシジマくん  28小学館0.744091852572
宇宙兄弟  21講談社0.634063872238
夏目友人帳  16白泉社0.534592193660
進撃の巨人   5講談社0.534063845133
進撃の巨人   6講談社0.534063845915
進撃の巨人   7講談社0.524063846520
進撃の巨人   9講談社0.484063847764
進撃の巨人   3講談社0.484063844102
ちはやふる  21講談社0.464063803899
土竜の唄  36小学館0.454091515479
ハチミツにはつこい   4小学館0.44409135193X
るろうに剣心-特筆版- 下集英社0.444088706552
ソウルイーター  24スクウェア・エニックス0.444757539797
月刊少女野崎くん   3スクウェア・エニックス0.444757539851
ONE PIECE  70集英社0.434088706609
銀魂  50集英社0.43408870682X
さすらいアフロ田中  10小学館0.434091852556
Piece  10小学館0.424091352685
進撃の巨人  10講談社0.414063848396
進撃の巨人   4講談社0.414063844692
進撃の巨人   8講談社0.44063847128
進撃の巨人   2講談社0.394063843386
愛…しりそめし頃に…  12小学館0.374091853382
嘘解きレトリック   1白泉社0.354592196333
BLEACH-ブリーチ-  59集英社0.344088706625
べるぜバブ  22集英社0.334088707672
ラストイニング  38小学館0.334091853242
みどりの星   1小学館0.334091852297
クロス・マネジ   3集英社0.324088707702
サーバント×サービス   3スクウェア・エニックス0.314757539924
飯田橋のふたばちゃん   1双葉社0.314575943843
進撃の巨人   1講談社0.34063842762
王様達のヴァイキング   1小学館0.34091853293
七つの大罪   3講談社0.34063848841
俺の後輩がこんなに可愛いわけがない 3アスキー・メディアワークス0.34048916920
進撃!巨人中学校   1講談社0.294063848418
FAIRY TAIL  38講談社0.294063848760
ハニー   2集英社0.294088450604
モンクロチョウ   1講談社0.284063823318
かんなぎ   8一迅社0.284758063826

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です