だいたい日刊コミタン! 2013/06/13号

今日の気になるタイトル
06月13日
『修羅のドレス』(寄田みゆき/講談社/BE-LOVE)
・劇的すぎる展開、裏切りにつぐ裏切り。頭を軽くして読める「ザ・昼ドラ」という感じで、『おかめ日和』をはじめわりとほんわかした印象のある本誌「BE-LOVE」の中では過激派なれどよく馴染んでいる。のだが昼ドラ視聴者層って単行本買ってくれるんかな。
・超昼ドラ。いつ放送が始まっても驚かないです。そして、ドラマ見たいです。たわしハンバーグとはいかないが、舞台である服飾業界に出てくる小道具がまぁ予想できるような昼ドラ的使い方を…。TLとか買ってる層ってこういうタイトルどうなのかしら?年齢層的には30代からの女子を意識してそこらへんに売りたい。

『逃げるは恥だが役に立つ』(1)(海野つなみ/講談社/Kiss)
・海野つなみの新作1巻、今までだいぶ売り逃してきたなーという感。発売日から品切れまでが早く、女性書店員に根強いファンがいる印象も。ってーことは20代後半~30代女性あたりがストライクゾーンということでしょう。今度の争奪戦はハチマキ締めて臨みます。

『月嶋教授の”世界の成り立ち”を考える』(1)(扶持田一寛/あかほりさとる/徳間書店/COMICリュウ)
・可愛らしい男の子がインテリ教授と周囲の女子に翻弄されつつ…みたいな内容だが、あかほりさとる特有のギャグや過剰なお色気は思ったより少ない。リュウはここ最近の売れている銘柄から鑑みると、かなり客層の低年齢化が進んだ気がするが、このタイトルは本来のリュウコミックス購読層に近いような気がする。
・確かに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です