週刊コミタン! 2013/09/01号

来週の気になるタイトル
09月02日
・・・
09月03日
・・・
09月04日
『GUMI from Vocaloid』(1)(鉄田猿児・インターネット/講談社/ライバル)
・コミカライズでさえなければ・・・と惜しむ気持ちもある才能。スカッとする絵です。「ライバル」とか少年新刊台とかよりはいっそボカロ小説の棚とかのほうがいいんじゃないでしょうか。
・最近の少女マンガを読んでると歌いたい女のコと曲を作れる男のコ(イケメン)が出会う話が読みきりレベルで増えてきたなーと感じる。余談。
・アニメーター学院の実績でも光ってますね!

『スモーキーB.B.』(1)(河田悠冶・小宮山健太/集英社/週刊少年ジャンプ)
・女性ウケしそうなキャラクター多くて人気でそうな気がしていたのだが連載順位を見ると・・・。必殺技とか占いとか分かりやすい代替記号とか無いと駄目なのか?

09月05日
『櫻の園 完全版』(吉田秋生/小学館/flowers)
・単巻だとすると相当分厚くなりそうな・・・。こちらは耽美系で『海街diary』とはかなりギャップがある。どう扱うか。

『中一プロブレム』(マツモトトモ/白泉社/トリコロールLaLa、LaLaDX)
・他誌に出て行くベテランが多いなか、マツモトトモの変わらないらしさってLaLaにとってすごい大きいなって。体だけ成長しても精神だけは子供のまま取り残される違和感とか、女としての成長を自覚していくなかで目に付く、同年代の男性の子供な精神への嫌悪感とかを飄々と描くのは名人芸の域だなと。「メロディ」とか「Cocohana」とか、もうちょっと年齢層上のところに投げたい。

『オトナのいろは』(1)(あさのゆきこ/芳文社/まんがホーム)
・趣味のマンガ家、あさのゆきこという称号があってもいいような気がする。明確なフックがあるというのは売る側としても助かる。

09月06日
『ナナマルサンバツ』(6)(杉基イクラ/KADOKAWA/ヤングエース)
・今さら言及することもないんだけど、あの表紙と帯の打ち切りっつーか最終巻オーラはなんとかしてくれなかったのかな。お遊びだと思うけど、実際に書店店頭ってそういうのの影響が色濃く出るんですよ。

『ホテルサラマンダー』(1)(サメマチオ/講談社/ITAN)
・「ITAN」感すごい。宙出版の棚(そんなものあるのか?)に置いておくよりはこっち軸にして作家棚のほうが動きそう。
・サメマチオのストーリーもの。しっかり面白い。短編も好きだが。

『おひとりさま』(新久千映/朝日新聞出版)
・狙いたい層は同作者『ワカコ酒』からエッセイ系まで。女子がいく「ひとり○○」みたいな体当たり感のある内容。二ノ宮知子『飲みに行こうぜ!!』とかと棚組み。

『とっかぶ』(1)(桑原太矩/講談社/good!アフタヌーン)
・絵が整ってて・・・なんか魅力を説明しづらいというのも正直なところ。曖昧だけど「ゲッサン」っぽいんだなー。
・個人的にはとても好きなんだが、王道過ぎてフックが少なく感じてしまう。つまり売れるかと言われると・・・。インパクトのあるギャグとか強いキャラとかあれば良いかと思うがそうすると良さが失われる気もする。うーん。

『甘々と稲妻』(1)(雨隠ギド/講談社/good!アフタヌーン)
・料理系、育児系と間口が広く売れそう。LO勢はどうなんだ?
・こどもとの交流ものだけで場所をつくれるくらいには流行を感じるジャンル。食もまだまだブームのジャンルだし、色んな層にアピールできそう。店のグフタの棚カラーとはいささか一致しないが、少女ものの棚へ出張してみたりと棚に拘束されない展開を試したい。
・子どもは鏡。

『ニボシ君の変態』(1)(ミッチェル田中/秋田書店/月刊少年チャンピオン)
・主人公が女のコのパンツになるマンガは『ニボシ君の変態』か『ToLOVEる』か。『ニボシ君~』はそこにちょっと『いきいきごんぼ』が加わったような、そういうマンガ。女のコプッシュというよりはギャグ。ところにより『監獄学園』と客層かぶらんかな。

『おじょじょじょ』(1)(クール教信者/竹書房/月刊まんがライフ)
・クール教信者のトーンの入れ方が好き。影のとことか。

09月07日
・・・
今週の思うところ
『i』(3)(いがらしみきお/小学館/IKKI)
・分厚い。単価も1,500円となかなか。腱鞘炎になりそう。

『出落ちガール』(鈴木小波/少年画報社/ヤングキングアワーズ)
・「ARIA」系な色使いで結構可愛い装丁だったので目先をかえて女性に少し投げてみたい。

『フォーシーム』(1)(さだやす圭/小学館/ビッグコミック)
・黒田はツーシームだから!ってあたり帯もきっちり狙ってそうでいいですね。男は黙って○○の世界。

『小惑星に挑む』(あさりよしとお/白泉社/楽園)
・『宇宙へ行きたくて液体燃料ロケットをDIYしてみた』(学研)、『まんがサイエンス』とあわせて一棚。

『とある科学の超電磁砲』(9)(冬川基・鎌池和馬/アスキー・メディアワークス/電撃大王)
・2期タイミングだし既刊全部入れてもよかったかなーと少し後悔。アニメ終わって買い控えてアニメ始まって買い戻る動きがありそう。このところの展開として食蜂操祈が結構フックになって読者の興味を再び取り戻している感。

■2013年08月23日~08月29日のレポート(myt調べ)
タイトル出版社指数値ISBN
聖☆おにいさん   9講談社5.264063872327
ヒストリエ   8講談社4.524063878961
俺物語!!   4集英社3.064088450868
アオハライド   8集英社1.91408845085X
黒執事  17スクウェア・エニックス1.664757540531
とある科学の超電磁砲   9アスキー・メディアワークス1.564048918443
テラフォーマーズ   6集英社1.224088796306
BILLY BAT  12講談社1.074063872300
鬼灯の冷徹  10講談社0.994063872408
デッドマン・ワンダーランド  13角川書店0.774041207770
咲 Saki 阿知賀編 episod 6スクウェア・エニックス0.764757540523
DoDaDancin’! ヴェネチ 13集英社0.744420152761
小林が可愛すぎてツライっ!!   4小学館0.714091353762
GANTZ-ガンツ-  37集英社0.714088796276
とある魔術の禁書目録  12スクウェア・エニックス0.654757540345
僕は問題ありません講談社0.57406387236X
ToLOVEる-とらぶる-ダークネス 8集英社0.574088707907
青空エール  13集英社0.524088450841
進撃の巨人   6講談社0.464063845915
風光る  34小学館0.464091354599
放浪息子  15エンターブレイン0.434047291013
進撃の巨人  11講談社0.4406394901X
進撃の巨人   7講談社0.44063846520
社長島耕作  16講談社0.394063872394
天上の虹  22講談社0.394063409155
富士山さんは思春期   2双葉社0.38457584277X
モンクロチョウ   2講談社0.374063823547
PEACE MAKER  11集英社0.374088796373
ONE PIECE  71集英社0.354088707818
進撃の巨人   5講談社0.354063845133
いつかティファニーで朝食を   3新潮社0.35410771716X
エクゾスカル零   5秋田書店0.34425323495X
マイルノビッチ   9集英社0.334088450795
ああっ女神さまっ  46講談社0.334063211991
進撃!巨人中学校   2講談社0.324063949036
カゲロウデイズ   3メディアファクトリー0.314840153167
バイオーグ・トリニティ   2集英社0.34088796357
とある魔術の禁書目録 エンデュミオン 1スクウェア・エニックス0.34757540353
脳内ポイズンベリー   3集英社0.294088656660
進撃の巨人   8講談社0.284063847128
女王の花   8小学館0.284091354491
となりの怪物くん  12講談社0.274063657396
聖★おにいさん   9 DVD付き特装版講談社0.274063584615
七つの大罪   4講談社0.264063949184
ワンパンマン   4集英社0.264088708717
鉄のラインバレル  22秋田書店0.254253234224
とらドラ!   6アスキー・メディアワークス0.254048916181
黎明のアルカナ  13小学館0.254091355250
ブックイーター   1竹書房0.24481248121X
嘘喰い  30集英社0.244088796284

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です