週刊コミタン! 2013/11/3号

来週の気になるタイトル
11月4日
・・・
11月5日
『川原泉傑作集』(川原泉/白泉社)
・先月の『動物のお医者さん』もなかなかの動きなのでこれも好調でしょう。何冊でも出してくれ!
・三原順とかどうでしょうかねー。

『ジーヴス英国紳士録』(勝田文・P.G.ウッドハウス/白泉社/メロディ)
・どこからでも読めるタイトルがこうやって巻数外れるのはありがたいですね。単巻ものの顔で売っていきましょう。
・この並びで初めて思いついたんですが、川原泉一緒に売ってもいいような気がしています。

11月6日
『ヤンキー塾へ行く』(2)(荒木光/講談社/週刊ヤングマガジン)
・1巻、あまり動かない・・・。やっぱりパッケージとしてはヤンキー系というところが客層弱さに刺さってしまったか。『D.B.S.』とか併売なんでしょうか。

『特攻事務員ミノワ』(1)(小川圭/講談社/ヤングマガジン)
・本誌でのアンケートは良かった模様。最初期はかなり推されていたイメージだが、最近はそうでもないのかな?
表紙はインパクト大だが、どこか古臭さというか懐かしさを感じる仕上がりなので、若者よりも中高年向けになるのかなーと。
・連続猟奇殺人とか、裁判員とかフックは多そうなマンガ。装丁は作風を反映しているけど、未読の人に訴えかけるにはややパンチに欠けるかなと。帯がどこまでキャッチーな言葉を並べてくるかでまた動きは違いそう。なんとなく『予告犯』(筒井哲也/集英社)とかの客層を狙っていくべきなのかとも思うけど、こちらは直接的かつハードな内容なので、人を選ぶところもあるか。なんにせよ、ヤンマガ期待のサスペンス。

11月7日
『マテリアルポルカ』(1)(古林奈留/講談社/good!アフタヌーン)
・未だにどこに投げれば良いかわからない。百合なのかファンタジーなのかと悩んでいたけれど、とりあえず『ローゼンメイデン』の客層を狙いたいと思います。殺し合いでもお菓子が飛び交うってのが女の子って感じでいいね。
こういうのギムナジウムって言うんですよね。
・ギムナジウムは男子高のイメージがどうしても・・・。『ポーの一族』やら『トーマの心臓』やら。
11月8日
『社長とあんあん』(佐々木柚奈/小学館/モバフラ)
・久嘉めいらの話をしていたら併売としておすすめされた作品。エロエロ二大巨頭だとか。ちょっと読んでみたところ、確かに参照として久嘉めいらも見ておいたほうがいいだろうなーという内容。媒体も同じなので、お客さんも狙って買いにくるんじゃないかなぁ。

『さよならソルシエ』(2)(穂積/小学館/flowers)
・意外と早い完結!別に売れてないわけではないと思うなか、引っ張らないのは凄いですね。志が高い。1巻と『式の前日』は隣に据えるべきでしょう。そのうえで帯に「完結」とあったらもう一動きは約束された勝利のなんとか。
・上に同意。デビューが華々しかっただけにブランディングが難しい作家になったのかもしれない。今後の舵取りに注目。

『不死身ラヴァーズ』(2)(高木ユーナ/講談社/別マガ)
・読めば必ず面白いと思う。装丁とシュリンク済みが仇か。ちなみにシュリンク済みはバーコードを挟んで返本に出せば勘定に入れますと講談社の方に教えてもらった。手間が割ければ1冊は剥いて出す、あるいはコマを抽出拡大コピーして貼りだすというのもいいだろう。
・イマイチ販売につながらないのは画面の見にくさなのか、設定の不安定さなのか。確実に面白いと思うのだが如何に読者に伝えるべきか。
・本誌出張や連続掲載で地道に数字を伸ばしているタイトル。3巻は勝負の巻でもあるので、目立つところでの展開は継続しつつ、新たな層を開拓したい。個人的には、KADOKAWAや、昔のアフタヌーンが好きという層に売りたいと思いつつも上手くアピールできていないので、複数箇所での展開をしていくつもり。キャラのデフォルメに味があるから、セルフパロディの4コマとかやってくれないかしら。

『夏雪ランデブー 番外編』(河内遙/祥伝社/フィールヤング)
・番外編の発売、時期としてはちょっと遅かったかなー。固定ファンはいる作家だと思うが・・・。

『ディアボロのスープ』(3)(岡崎純平/講談社/別冊少年マガジン)
・散々ですが『進撃の巨人』の層を掴みたい。作家さんが少しデフォルメの効いた、男性読者を惹きつけるいい感じの色紙を書いてくれます。推してるお店はぜひ依頼してみてください。そろそろポスト『進撃の巨人』で棚を作ってもいいんじゃないでしょうか。

11月9日
『ネクロ;クロニクル-NECRO;CHRONICLE-』(1)(鈴木恭太郎/KADOKAWA/ドラゴンエイジ)
・ドラゴンエイジ期待の屍者もの枠。パチンコでやや再興した感のある学園黙示録的なヤツと併売していきたい。
内容はさておき、血色の悪い屍描写はなかなかのものなので、まずはそこの一点で推していきたい。
今週の思うところ
『ラタキアの魔女 笠辺哲短篇集』(笠辺哲/集英社/ジャンプSQ.ほか)
・うすた京介の帯!シュールレアリスムよりもSFという言葉が欲しかった。藤子・F・不二雄と併売中。
■2013年10月25日~10月31日のレポート(myt調べ)
タイトル出版社指数値ISBN
君に届け  20集英社4.84088451147
大奥  10白泉社3.44592143108
宇宙兄弟  22講談社2.144063872637
バガボンド  36講談社1.844063872610
ジョジョリオン   5集英社1.3408870830X
×××HOLiC・戻   1講談社1.24406376897X
銀の匙 Silver Spoon   9小学館1.184091244742
アイアムアヒーロー  13小学館1.14091855741
GIANT KILLING  29講談社1.084063872629
妖狐×僕SS  10スクウェア・エニックス0.844757540922
スニップ,スネイル&ドッグテイル祥伝社0.744396783396
七つの大罪   5講談社0.724063949478
FAIRY TAIL  40講談社0.674063949419
マギ  19小学館0.67409124453X
そらのおとしもの  18角川書店0.654041208211
キングダム  32集英社0.634088796810
西原理恵子の人生画力対決   6小学館0.63409179193X
Sunny   4小学館0.614091886353
メロポンだし!   1講談社0.64063872513
とりぱん  15講談社0.534063377865
艦これ コミックアンソロジー 呉鎮守府編一迅社0.524758007837
アル中病棟イーストプレス0.514781610722
食の軍師   3日本文芸社0.54537130881
ホリミヤ   4スクウェア・エニックス0.484757541074
よんでますよ、アザゼルさん。  10講談社0.47406352471X
ホクサイと飯角川書店0.464041208653
少年ノート   6講談社0.454063872653
カーニヴァル  12一迅社0.454758058571
クズの本懐   2スクウェア・エニックス0.424757541031
さよーならみなさん小学館0.41409185415X
グラゼニ  12講談社0.44063872483
クローバー trefle   2集英社0.364088451198
魔法少女リリカルなのはINNOCEN 2角川書店0.36404120884X
北斗の拳 イチゴ味   1徳間書店0.354199801650
アシガール   3集英社0.354088451171
東京喰種 トーキョーグール   9集英社0.354088796527
黒子のバスケ  24集英社0.344088708199
Ubel Blatt  14スクウェア・エニックス0.334757541007
3月のライオン   9白泉社0.324592145194
モンクロチョウ   3講談社0.314063823784
いばらの冠   1集英社0.34088451155
羊の木   4講談社0.34063524795
ましろのおと   9講談社0.294063713938
アホガール   2講談社0.294063949540
暗殺教室   6集英社0.294088708210
落第忍者乱太郎  54朝日新聞出版0.274022750545
ヘタリア   6 AXIS POWERS幻冬舎0.274344828674
蒼き鋼のアルペジオ   8少年画報社0.274785951508
進撃の巨人   9講談社0.264063847764
シドニアの騎士  11講談社0.264063879283

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です