週刊コミタン! 2014/02/09号

来週の気になるタイトル
2月10日
『女の子が死ぬ話』(柳本光晴/双葉社/月刊アクション)
・1巻完結となってしまった期待株。単価800円はなかなか重いが帯の文言がシンプルで良い。ネットから火がつくんじゃないかなーと予想しているので、新興レーベルではあるものの探しやすくしておくのがいいかな。
・一冊にまとめたのは好材料だと思う。もう少し展開を広げようもあったと思うがタイトルを思うに良いボリュームだったと思う。次回作にも期待。
・新規レーベルにしてこの価格と厚さはやや重い。タイトルのインパクト等から話題にはなりそうだが、やや時間がかかりそう。試し読み小冊子が単純に一話を載せたものじゃなかったのが好感が持てる。

『中学性日記』(1)(シモダアサミ/双葉社/月刊アクション)
・NHK教育のドラマ的な。タイトルに「性」とはあるが青春ものの括りで出せるので、前作『mon*mon』同様20代後半女性に向けて投げたい。今月のタイトルでレーベル棚作るの?という話だと今回のラインナップでは微妙な感じ。『R-中学生』が一緒でもいい。
・タイトルの「性」の字が表すように第二次性徴期の煩悶を描いている。押見修造『スイートプールサイド』(講談社)より変態っぽくならないのは著者が女性だからか?

『さんかく窓の外側は夜』(1)(ヤマシタトモコ/リブレ出版/BE-BOY)
・こんなんhttp://www.libre-pub.co.jp/yamashita_world/danshi_ev/やってたんやな。書店員が行ったら気持ちよくされちゃってたのか?wさておき書店員のBLはまともな目で見られないので評価が難しい。

2月11日
・・・
2月12日
『放課後さいころ倶楽部』(2)(中道裕大/小学館/ゲッサン)
・ボードゲームショップイエローサブマリンでもしっかり仕掛けているようで、ボドゲ好きコア層はフォロー済みか?であればここからは自店の中にいる「テーブルゲームとかちょっと興味あるな~」ぐらいの人か「女子高生が楽しそうになんかやってるのを読みたい」人がフロンティア。前者ならマンガの棚で人狼ゲーム(幻冬舎か富士見)を置いて、後者ならきらら棚においてみたい。
・売れ行き好調だが、もう一つ何かがほしい。装丁がイラストとして良いが、題材であるアナログゲームにあまり目がいかないので、
それらのフォローは店頭でしたい。勝負時は4月の新入生が新しい趣味やサークルに入る時期かなぁと。マンガでわかる系の入門書として提示したい。

『あおにの空に竜は哭く』(2)(完) (瀬戸ミクモ/小学館/ゲッサン)
・俺が好きな作品はみんな打ち切られてしまう…。「もう恋なんてしない。なんて言わないよ絶対!」さておき冷静に分析すると芋臭い主人公の成長譚が時流に合わないのだろうなぁ。

『ここが限界のオーバル学園』(1)(巻・大井昌和/芳文社/きららフォワード)
・大井さんに作画を付けるのは良いアイデアかと思ったけど配本は意外に少ない。

『彼女のカーブ』(ウラモトユウコ/太田出版/エフ)
・椿荘よりウラモトユウコっぽさがあると思う。ぜにょんの「かばんとりどり」あたりで全国的にヒットしそう。

2月13日
『さよなら金太郎』(成松幸世/徳間書店/COMICリュウ)
・龍神賞でのデビュー作は高野文子を思わせ、それでも前衛的な表現で審査員をうならせるものだった(『紙の上』)が、初単行本は家族というテーマを得てかなり訴求度を上げてきた印象。この日の同レーベルの初単行本勢は『人生は二日だけ』(堤谷菜央)、『凪を探して』(脇田茜)とコミティア出身を匂わせる作品が並ぶ。こういった一貫性があるとまとめて置きたくなるもの。(配本はさておき)

『あさめしまえ』(1)(北駒生/講談社/BE LOVE)
・ご飯の描き方は完璧。1巻は売れると思う。今後はそれ以外の人間模様をいかに描けるかが課題か。かつては絵が描ける作家はラブコメを描いたが今はグルメ漫画を描く方が主流になっている。
・2014年の食マンガを牽引するタイトル。B6というのも幅広い層に訴求できて良い。年末に話題になることが約束されているので、早いうちに店頭で認知させたい。

『私がモテてどうすんだ』(2)(ぢゅん子/講談社/別冊フレンド)
・1巻結構売れてるけど追加がなかなか入って来ない。これなんて乙女ゲー?って内容は分かりやすくて売りやすく広がりやすい印象。

『満ちても欠けても』(2)(完)(水谷フーカ/講談社/Kiss+)
・水谷作品で一番好きな作品なんだが、売上は芳しくない。シュリンク済み出荷の先駆け的な作品だったので面白さに気付いていない人が多かったのだろう。
・初期シュリンク済で成果が出たのは少ないと思うけど、気づけばそっちに舵切り。

2月14日
2月15日
『O.B.』(1),(2)(中村明日美子/茜新社/OPERA)
・大減数。アワワワ。次回配本に影響できるのは発売から一ヶ月以内の販売数なので、減数後は即フォローしないとスパイラルにハマる。
・人気シリーズ『同級生』の続編ということなので売れそう。

『flat』(8) (青桐ナツ/マッグガーデン/avarus)
・次作も決まっているらしいがキャラクターで売れていた作品だったと思うので読者はついてくるか不安。Avarusの今後も不安。

今週の思うところ
■2014年1月31日~2月6日のレポート(myt調べ)
タイトル出版社指数値ISBN
食戟のソーマ   6集英社1.834088800079
銀魂  53集英社1.324088800060
乙嫁語り   6エンターブレイン0.634047293962
妖怪ウォッチ   1小学館0.634091416551
めしばな刑事 タチバナ  12徳間書店0.564197805616
夜とコンクリート祥伝社0.564396460473
銀の匙 Silver Spoon  10小学館0.56409124548X
かくかくしかじか   3集英社0.554087827461
アル中病棟イーストプレス0.544781610722
GIANT KILLING  30講談社0.52406387284X
聲の形   2講談社0.524063950042
妖怪ウォッチ   2小学館0.514091400183
SOUL CATCHER(S)   3集英社0.464088800087
白暮のクロニクル   1小学館0.454091858473
ハクメイとミコチ   2エンターブレイン0.444047293946
宝石の国   2講談社0.43406387950X
ワカコ酒   2徳間書店0.424199801782
特装版 ゆるゆり  11一迅社0.414758072914
クジラの子らは砂上に歌う   1秋田書店0.414253261019
夜毎の指先/真昼の果て白泉社0.394592710630
目玉焼きの黄身いつつぶす?   2エンターブレイン0.374047293369
岸辺露伴は動かない集英社0.374088708725
トーチソング・エコロジー   3幻冬舎0.374344830199
げんしけん  13 二代目の四講談社0.364063878562
げんしけん  15 二代目の六講談社0.364063879453
花に染む   4集英社0.364088656695
四谷区花園町竹書房0.364812497493
高橋葉介傑作集 マンイーターぶんか社0.364821175398
東京喰種 トーキョーグール  10集英社0.344088798074
遊☆戯☆王 ZEXAL   6集英社0.344088800184
ワールドトリガー   4集英社0.33408880029X
会長はメイド様!  18白泉社0.324592191889
聲の形   1講談社0.284063949737
干物妹!うまるちゃん   2集英社0.274088797221
月刊少女野崎くん   4スクウェア・エニックス0.254757542038
富士山さんは思春期   3双葉社0.254575843369
今日のケルベロス   1スクウェア・エニックス0.244757542011
おとりよせ王子 飯田好実   4徳間書店0.244199801855
進撃の巨人   3講談社0.244063844102
進撃の巨人   4講談社0.244063844692
坂本ですが?   1エンターブレイン0.234047286338
ぴんとこな  11小学館0.234091358160
名探偵コナン  82小学館0.23409124551X
共学高校のゲンジツ   3小学館0.234091860702
完全版 YAWARA!   4小学館0.234091857795
町でうわさの天狗の子  12小学館0.234091357385
土竜の唄  39小学館0.224091515576
SAKURA   1芳文社0.224832244027
進撃の巨人   5講談社0.214063845133
進撃の巨人  10講談社0.214063848396

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です