週刊コミタン! 2012/10/14号

来週の気になるタイトル
10月15日
・(チャリ)『秋津』(1)(室井大資/エンターブレイン/fellows!)
『ブラステッド』(コミックビーム)の室井さんからは想像もつかない内容。自分で「fellows!でシリーズ連載中の人気作」と言っちゃう辺りがまた面白い。

・(myt)『竜のかわいい7つの子』(九井諒子/エンターブレイン/fellows!)
タイトルと帯煽りが素晴らしい。九井諒子が登竜門をくぐりきった作家であるのは間違いない。商業誌での発表の場は「fellows!」に固定されたようで良かった。「マトグロッソ」のほうはイースト・プレスから出るのかな?

・(りゅーと)『あいがある-I girl-』(1)(なかはらももた/集英社/Cookie)
26歳、流行の処女ものと思いきや、変化球の百合系作品。売り方が難しそう。

・(myt)『さきくさの咲く頃』(ふみふみこ/太田出版/ぽこぽこ)『星屑ニーナ』(2)(福島聡/エンターブレイン/fellows!)とも延期なんだね。

10月16日
・(凹田)『ガズリング』(2)(才谷ウメタロウ/芳文社/週刊漫画TIMES)
面白いんだけどどうやって売ろう?咲香里と併売?

10月17日
・(凹田)『マンブリ!』(1)(七三太朗・向山知成/講談社/マガジンSPECIAL)
『GRAND SLAM』(河野慶/集英社/ヤングジャンプ)も空手の応用で野球してた。大山倍達スポーツでも最強説。
10月18日
・(チャリ)『サイボーグ009完結編』(1)(早瀬マサト/小学館/クラブサンデー)
遂に漫画で読める日が来るとは感慨深い。無理を承知で、背表紙は秋田書店のサンデーコミック風に出してほしい。(もしくは、少年サンデーコミック版でも可)
コミカライズばっかやってないでこの作品こそネット配信ではなく少年サンデー本誌で連載して、今の子供たちにサイボーグ009を知ってほしかった。
10月19日
・(チャリ)中山昌亮『後遺症ラジオ』(1)(講談社/ネメシス)『ブラック・ジャック ~青き未来~』(秋田書店/週刊少年チャンピオン)
まったく違った内容で同時発売。中山ファンは『後遺症ラジオ』は買うと思うが『ブラック・ジャック』は買うのだろうか?

・(凹田)『デストロ246』(1)(高橋慶太郎/小学館/サンデーGX)
女の子たちの歪んだ顔フェチの方は是非!

・(myt)『デストロ246』(1)(高橋慶太郎/小学館/サンデーGX)
『ヨルムンガンド』(同)終了から早かった。『BLACK LAGOON』(広江礼威/同)が誌面に無いいま、『東京カラス』(宮下裕樹/同)(11月発売)と並んでの屋台骨になるはず。魅力は凹田さんの言うとおり。みんなすーぐキレて顔が歪むのがいい。やはりドンパチもの。

・(りゅーと)『アントルメティエ』(1)(早川光・きたがわ翔/集英社/グランドジャンプ)
ダシ問題はどこに行った?パティシエ以外の専門料理人を題材にするのはかなり珍しい。

・(りゅーと)『抱かれたい道場』(1)(中川ホメオパシー/秋田書店/ヤングチャンピオン烈)
紆余曲折ありましたが、無事にコミックス化。言葉選びとシチュエーションチョイスに抜群の残念さが垣間見える。

・(myt)『ブラック・ジャック ~青き未来~』(中山昌亮/秋田書店/週刊少年チャンピオン)
岩明均の名前が瓦解してしまった。

10月20日
・(りゅーと)『ザン★メン5 ~残念なイケメンたち~』(2)(目黒川うな/双葉社/乙女ハイ!)
ウチでは「乙女ハイ!」の中で一番動いたタイトル。様々な流行もの要素を感じるコメディ。2巻で読者はどう反応するか。
今週の思うところ
10月8日
・・・
10月9日
・(りゅーと)『新世界より』(1)(及川徹・貴志祐介/講談社/別冊少年マガジン)
売れてるよう。文芸系の原作付コミックスとしてはここ最近で一番の初速じゃないっすか?打倒『Another』(綾辻行人・清原紘/角川書店/ヤングエース)いけるんじゃね。
10月10日
・(myt)『87CLOCKERS』(2)(二ノ宮知子/集英社/ジャンプ改)はこの土日どうなるかな。
10月11日
・(myt)11日の商談会はお疲れさまでした。前々からお目にかかりたかった書店さんとお話するチャンスが多くありがたい会でした。V.V.勢はオーラあったなぁ。
10月12日
・(チャリ)『MIX』(1)(あだち充/小学館/ゲッサン)
刷り部数が少ないのかどうしようもないほど減数されて即完売。客層は30代の男性、僕はまだ20代にカウントしたいが、購入してない。POPは出番なし。

・(りゅーと)『MIX』(1)(あだち充/小学館/ゲッサン)
ちょっと配本アレすぎないっすか?手持ちにしたの?

・(myt)『MIX』(1)(あだち充/小学館/ゲッサン)は入りましたよ。結構刷ったと聞いたような。『タッチ 完全復刻版』のほうは本当にデザインそのままでしたね。立体POP組むのムズすぎワロタ。

・(myt)広江礼威が「つぼみ」でイラスト描いてて驚いた。

10月13日
・(チャリ)「別冊マーガレット」の読み切り『黒川さんと花沢さん』(尾崎あきら)
主人公黒川さんは少女漫画の主人公としてはビジュアル的に珍しいタイプ。ギャグとシリアスのバランスが取れているので、ストーリーにメリハリがあって飽きさせない。読み切りにしとくのはもったいない一作だった。
その他
・(myt)「JoJomenon」はなんとかかんとか再入荷。「週刊少年ジャンプ」(45)ももう少し持っておくつもり。

・(りゅーと)「コミックヘヴン」は露出さえ抑えればお子様が楽しめる正統派少年マンガも多い良い雑誌なんやで。

・(りゅーと)最近「週刊少年サンデー」、「週刊少年マガジン」のベテラン作家による新連載が良い感じ。「ゲッサン」活躍中の田中ほさなや、「@バンチ」の緒里たばさあたりの「週刊少年サンデー」を経由したことのある作家の動きが今年は目立ったかなと。

・(myt)今週は『プリーズ、ジーヴス』(勝田文・P.G.ウッドハウス/白泉社/MELODY)が1巻から動いた。3巻の帯がこのタイトルの概要を改めて説明するものだったので、面にして1巻を揃えて並べるのに最適だった。皆もやるべし。時代もののマンガは「時代の入れ替わりをキャラクターの関係に仮託する」ものが多いがこれは原作どおり完全な「当時の世俗」もの。『エマ』(森薫/エンターブレイン/ビーム)の8巻以降、あるいは高室弓生…というとちょっと離れるけどそんなベースのコメディです。

■2012年10月05日~同月11日のレポート(myt調べ)
タイトル出版社指数値
ガラスの仮面  49白泉社7.15
昭和元禄落語心中   3講談社3.83
NARUTO-ナルト-  62集英社3.78
銀魂  46集英社1.85
みなみけ  10講談社1.81
テルマエ・ロマエ   5角川グループパブリッシング1.52
空が灰色だから   3秋田書店1.51
君に届け  17集英社1.50
トリコ  21集英社1.48
弱虫ペダル  25秋田書店1.09
センゴク天正記  15講談社1.06
ハイキュー!!   3集英社1.00
大奥   8白泉社0.94
センゴク一統記   1講談社0.94
あまんちゅ!   5マッグガーデン0.93
娚の一生   4小学館0.92
べるぜバブ  18集英社0.90
テガミバチ  15集英社0.89
キスよりも早く  12白泉社0.89
WORST  30秋田書店0.88
範馬刃牙  37秋田書店0.83
R-中学生   2講談社0.73
ぬらりひょんの孫  23集英社0.71
ヒノコ   1白泉社0.71
プリーズ、ジーヴス   3白泉社0.69
87CLOCKERS   2集英社0.48
マギ   1小学館0.47
こちら葛飾区亀有公園前派出所 182集英社0.45
式の前日小学館0.44
ジョジョリオン   3集英社0.44
そこをなんとか   7白泉社0.44
好きです鈴木くん!!  18小学館0.44
ぼおるぺん古事記   2 地の巻平凡社0.37
きょうの猫村さん   6マガジンハウス0.37
花咲きカノン白泉社0.35
けいおん! college芳文社0.34
グラゼニ   7講談社0.31
ままんちゅ!マッグガーデン0.28
ファイブスター物語トレーサー Ex. 1角川グループパブリッシング0.28
わたしに××しなさい!  10講談社0.28
いつかティファニーで朝食を   1新潮社0.28
きょうは会社休みます。   2集英社0.27
ガラスの仮面 名台詞カルタ CD付き白泉社0.25
裸で外には出られない集英社0.25
大奥   7白泉社0.25
VIVO!   3マッグガーデン0.25
ひなちゃんの日常  13日本工業新聞社0.25
Spirit of w講談社0.25
絶園のテンペスト   7スクウェア・エニックス0.25
ジョジョリオン   2集英社0.24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です