週刊コミタン! 2015/12/20号

来週の気になるタイトル
[weekly class=month day=1]月[weekly class=day day=1]日
・・・
[weekly class=month day=2]月[weekly class=day day=2]日
[addLink]『レベレーション(啓示)』(1)(山岸凉子/講談社/モーニング)[/addLink]
・ジャンヌ・ダルクという題材の山岸凉子感。期待されているところだと思う。表紙のイラストが強い。

[addLink]『Vet’s Egg』(1)(ほづみりや/講談社/アフタヌーン)[/addLink]
・訳して”獣医のタマゴ”。獣医学部らしい特殊な学生生活をテンポよく読ませる。特殊な世界なので『動物のお医者さん』と併売だと読みすぎ感がでると思うのでピンで。絵柄としては女性へ。

[addLink]『アニメタ!』(1)(花村ヤソ/講談社/モーニングツー)[/addLink]
・アニメに関する事を漫画で描くと微妙になりがちだけど、これはアニメーターという職業のお仕事もの漫画として見ても面白いレベルの作品。どの業界でも新人が努力して力をつけていくってのは読んでいて熱が入る。
・アニメーター漫画はたいてい続かないからそこが心配。話は面白い。

[addLink]『灰と幻想のグリムガル』(1)(奥橋睦・十文字青/スクエアエニックス/ガンガンJOKER)[/addLink]
・表情を筆頭に作画がよくコマ割りなどもあまりコミカライズだと感じさせない。ライト層よりもむしろ漫画好きに向けて出して読んでもらいたいけど難しいだろうなぁ。
・チート感がなく徐々に成長していく感じが読んでいて心地良い。

[addLink]『ヒモメン~ヒモ更生プログラム~』(1)(鴻池剛/KADOKAWA/コミックフラッパー)[/addLink]
・猫の本が売れている。ヒモザイルはあれしたがこちらはどうか。

[addLink]『4D』(1)(汐里・橘尚毅/講談社/モーニング)[/addLink]
・変態と可愛い女子を描くのがうまい作家。テーマが少し分かりづらいが前述の長所は活かせていると思う。

[addLink]『三月は俺様になります』(1)(紺吉/スクウェア・エニックス/ガンガンオンライン)[/addLink]
・スクエニはなんだかんだ循環が早くて1巻めがポコポコ出てくるのは凄いなと関心。今回も粒ぞろいで販促物も全体的に手厚い印象。

[addLink]『賭ケグルイ双』(1)(斎木桂・河本ほむら/スクウェア・エニックス/ガンガンコミックスJOKER)[/addLink]
・個人的推しキャラ金髪ツインテ早乙女ちゃんのスピンオフ。人気作品の効果測定とスピンオフの作り方も上手いな。

[weekly class=month day=3]月[weekly class=day day=3]日
・・・
[weekly class=month day=4]月[weekly class=day day=4]日
・・・
[weekly class=month day=5]月[weekly class=day day=5]日
・・・
[weekly class=month day=6]月[weekly class=day day=6]日
[addLink]『鈴木小波短編集(仮)』(鈴木小波/一迅社/???)[/addLink]
・最近一迅社まわりで何かを描いていた憶えがない。 ついに一迅社の新刊戦略もそこまでいってしまうのか?という悪い草が生えそうなワクワクがある。

[addLink]『獄都事変』(あおのなち、リンネ堂/メディアファクトリー/ジーンピクシブ)[/addLink]
・人気フリーゲームのコミカライズ。コンテンツのパワーがどの程度なのかいまいち読めないが漫画の出来自体は良いので試し読みが元ゲーを知らない層も買っていきそう。
・制服着た男子がいっぱい居て、女子の人気がありそう!

今週の思うところ
・『兄友』の販促物、1巻から力が入ってて版元からのわかりやすい”推して”サイン。追加とってみる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です