週刊コミタン! 2016/01/24号

来週の気になるタイトル
[weekly class=month day=1]月[weekly class=day day=1]日
[addLink]『ショートケーキケーキ』(1)(森下suu/集英社/マーガレット)[/addLink]
・前作『日々蝶々』とは打って変わって活発な女の子。ふわっとしたイケメンにズバッといく感じは気持ちよいので年齢高低どちらの読者にも刺さるのではないだろうか。狭めない売り方をするつもり。
・「マンガ上手いな!」と感心した。新人から急にベテランの風格。
・森下suuはアベレージ高い作家になるだろうという気がビンビンする。やっぱりこういう主人公の方が広く受けそうだなと思った(たかねちゃんはたかねちゃんでかわいい)

[addLink]『木陰くんは魔女。』(1)(小森羊仔/集英社/YOU)[/addLink]
・相変わらず小森羊仔の描くちょっとぽやっとした女の子が可愛い。絵柄と設定は合っているのでこういうのを好きな人にうまくアピールしたい。パンイチJKはワンチャン男性にも効果あるかも。

[addLink]『若林くんが寝かせてくれない』(1)(音井れこ丸/双葉社/月刊アクション)[/addLink]
・『おじマシュ』とほぼおんなじなので同じ客層に。B6で少し安いので店頭ではこちらを入り口にしても良い。(無料のピクシブで本家が連載しているのですでに入口は全開かも知れないが。)

[addLink]『暗闇ダンス』(1)(須田剛一、竹谷州史/エンターブレイン/コミックビーム)[/addLink]
・須田剛一初の漫画原作。なんの話かは微塵も分からないけど面白くなる気しかしない。竹谷州史が絵柄をかなりポップな感じに仕上げておりページをめくるのが楽しい。暗色でゴチャついた表紙になぜか惹かれる。

[weekly class=month day=2]月[weekly class=day day=2]日
・・・
[weekly class=month day=3]月[weekly class=day day=3]日
[addLink]『恋するシロクマ』(1)(ころも/KADOKAWA/Comico)[/addLink]
・ジーンシリーズより。動物ものとして装丁が◎。中身は軽くも重くも読めるので読者を選ばず非常によい。短い間で重版がかかりそうですね。
・動物ギャグは客層が広くて良いですね。未刊だがジャンプ+の「エンペラーといっしょ」などと並べたい。

[addLink]『ひとりぼっちの○○生活』(2)(カツヲ/KADOKAWA/電撃だいおうじ)[/addLink]
[addLink]『三ツ星カラーズ』(2)(カツヲ/KADOKAWA/電撃大王)[/addLink]
・この装丁のあざとさたるや!ごちそうさまです!この日はmytのシャッポが乾かなそうだぜ。個人的には『ひとりぼっち』のコマが描かれている方が内容が直感的にわかるので好み。
・毎月『大正処女御伽話』でじっとりですわ。

[addLink]『そうしそうあい』(りべるむ/KADOKAWA/ジーンピクシブ)[/addLink]
・『三十路とレディ』は表現がハードで嫌厭されがちだったが、こちらは少しマイルドになっているので読みやすい。元々絵柄のファンは多そうなので。
・少しどころか大分マイルド。ボケツッコミからのスルーネタは女の子好きそうですね。

[weekly class=month day=4]月[weekly class=day day=4]日
・・・
[weekly class=month day=5]月[weekly class=day day=5]日
[addLink]『シェアバディ』(1)(吉田貴司・高良百/小学館/ビッグコミックスピリッツ)[/addLink]
・中年童貞がイケメン大学生に乗り移ってうおーセックスがしてー!という、刺さる人には刺さり敬遠される人には敬遠される、つまり推薦しがいのあるいいマンガ。中年男性的モノローグが話の軸になるので、これを推す店舗の指標としてはアフロ田中シリーズや青野春秋、『アフターアワーズ』、『ぐらんぶる』あたりからかとみている。
・『ムシヌユン』が同発なので併読して欲しい。微妙に高くてうざいテンションとモノローグが癖になる。周りに聞こえないと思って言いたい放題言いまくっている感じが腹立って面白い。松岡に入りたい!はむはむ
・テンションの高さとテンポの良さと童貞の気持ち悪い感じが奇跡のハーモニーを奏でてる。馬鹿なみたい事を素直に馬鹿みたいだと楽しめる人間でよかった。

[addLink]『SAD GiRL』(高浜寛/リイド社/トーチ)[/addLink]
・嫉妬、薬物、ダメ男、連れ子、宗教とある女性がどん底に落ちていく話。フィクションにしても辛いが泥中の感傷もまた高浜寛的なもの。作者既刊のうち『蝶のみちゆき』『四谷区花園町』あたりと目立たせるとちょっと違った品揃えのいいアピール。ここから女性向けストロングな棚へ。おかざき真里やヤマシタトモコがオススメ。

[weekly class=month day=6]月[weekly class=day day=6]日
・・・
今週の思うところ
[addLink]『さらば、佳き日』(1)(茜田千/KADOKAWA/COMIC it)[/addLink]
・帯で重いテーマをネタバレしているのが辛いと思ったが、他に手にとってもらえるキャッチーさを表紙に用意できるかと言われると難しいので結果良かったのではないかと思いなおしました。装画もいいし。
・装丁が良かったので帯の文言は不要かと・・・。帯を外して『式の前日』と並売がベストだったんじゃないかなと。
・読む前からネタばらしされるとゾワゾワ感が全くなくなってしまうとは思うけど、妹が妻というフックはまた別の層に受けそうでコレはコレで。動きは良くない。
・『式の前日』横、わかる。そういう感じ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。