週刊コミタン! 2017/04/02号

来週の気になるタイトル
[weekly class=month day=1]月[weekly class=day day=1]日
・・・
[weekly class=month day=2]月[weekly class=day day=2]日
[addLink]『青のフラッグ』(1)(KAITO/集英社/ジャンプ+)[/addLink]
・(m)片想いの三角関係に悶える。少女マンガゾーンのほうでもよく売れるのでは、と予想。想定そっちよりで頼む。
・(凹)B6なんですね。素直に新書で良かったのでは?・・・とは言え面白いので伸ばしたい。

[addLink]『BLACK TORCH』(1)(タカキツヨシ/集英社/ジャンプSQ.)[/addLink]
・(m)静止画の連続でなかなかグッとくるアクションや伊達を描いていて気持ちいい。少し手をかけたい。
・(凹)作画がカッコ良く、キャラも魅力的。SQ的王道作品。

[addLink]『デモンズプラン』(1)(岡本喜道/集英社/週刊少年ジャンプ)[/addLink]
・(凹)テーマとキャラが良かった。アワーズとかならもっと人気出たんじゃないかな。
・(m)作品の相対的立ち位置って重要ですね。

[weekly class=month day=3]月[weekly class=day day=3]日
・・・
[weekly class=month day=4]月[weekly class=day day=4]日
[addLink]『探偵の探偵』(1)(清原紘・松岡圭祐/講談社/週刊ヤングマガジン)[/addLink]
・(m)原作・作画双方にネームバリューはあるので1巻はぼちぼち期待できる。2巻は控えめかなぁ。
・(凹)清原紘の変態性を期待して読んだら全然真面目でした。
[weekly class=month day=5]月[weekly class=day day=5]日
[addLink]『将来的に死んでくれ』(1)(長門知大/講談社/別冊少年マガジン)[/addLink]
・(m)百合は市場こそだいぶ狭くなったが浸透力が高い。たぶん重版かかる。ハイテンション百合ギャグ。

[addLink]『荒ぶる季節の乙女たち』(1)(絵本奈央・岡田麿里/講談社/別冊少年マガジン)[/addLink]
・(m)思春期特有の、性に関する自意識の群像劇。いろいろな表情が可愛いが特に照れの描写が熱い作品なので見せるならここ。読んでいて楽しい。
・(凹)『それでも僕は君が好き』でも女の子可愛かった。作画が魅力的。

[weekly class=month day=6]月[weekly class=day day=6]日
[addLink]『Artiste』(1)(さもえど太郎/新潮社/@バンチ)[/addLink]
・(m)今年初単行本の誉。キャラクターの機微、上手くマンガらしい「嘘の絵」、どちらも見応えあり。

[addLink]『おもたせしました。』(1)(うめ/新潮社/@バンチ)[/addLink]
・(m)題材の選び方、描き方がすばらしい。ベテランの業。おもたせ本自体に毎年一定の需要があるので、コミック以外でも受け幅は広いと見た。
・(凹)面白くて役に立つ。

[addLink]『#140字のロマンス』(山科ティナ/祥伝社/FEEL FREE)[/addLink]
・(m)確かに女性むけっぽくない売り方ができそう。別扱いを検討する銘柄。

今週の思うところ
・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です