週刊コミタン! 2017/06/25号

来週の気になるタイトル
[weekly class=month day=1]月[weekly class=day day=1]日
[addLink]『エルフさんは痩せられない。』(1)(シネクドキ/ワニブックス/コミックガム)[/addLink]
・(m)性癖案件。こういう一点突破はとりあえず一発刺さる。
・(凹)強い!

[addLink]『サルまん2.0』(相原コージ/竹熊健太郎)[/addLink]
・(m)連載自体は2008年。作品は完遂(?)ならずぶった切られたあと10年たっての単行本化。最初期サルまん当時の盛り上がりは分からないものの、やはり気になるところ。

[addLink]『異世界はスマートフォンとともに。』(1)(そと、冬原パトラ/KADOKAWA/コンプエース)[/addLink]
・(く)土曜搬入。角川のなろう系は消化率が良い。重版されそう。

[weekly class=month day=2]月[weekly class=day day=2]日
・・・
[weekly class=month day=3]月[weekly class=day day=3]日
[addLink]『ハイポジ』(1)(きらたかし/双葉社/漫画アクション)[/addLink]
・(凹)昭和感が物語の説得力を増している。異世界転生とも取れるしタイムループとも取れる青春やり直しもの。チート過ぎない感じがリアルでいい。『スローモーションをもう一度』と併売かな?
・(く)コマ外の書き文字等作画的にも80年代感が出ている。
・(m)丁寧な画面だなぁと惚れ惚れする。扉絵も良い。
[weekly class=month day=4]月[weekly class=day day=4]日
[addLink]『ギャルごはん』(1)(太陽まりい/白泉社/ヤングアニマル)[/addLink]
・(く)流行り物のかけ算。距離の近さと表情の豊かさはずるい。
[weekly class=month day=5]月[weekly class=day day=5]日
[addLink]『三分間のアニミズム』(サメマチオ/小学館/ビッグコミックスオリジナル)[/addLink]
・(m)久しぶりの単行本。短編の名手。いまは『ミッドナイトブルー』(須藤佑実)、『売野機子のハート・ビート』と一緒にどうでしょう。あと『HUMANITAS』(山本亜季)。
[weekly class=month day=6]月[weekly class=day day=6]日
・・・
今週の思うところ
[addLink]『官能先生』(1)(吉田基已/講談社/イブニング)[/addLink]
・(m)こういう価格戦略、頑張ろう。
・(凹)価格を気にしてなかった!たしかに高い。比してキンドルの安さ。印刷のコスト?
・(く)みんな買ってから価格の高さに気づいているのでは…と思うくらい動いている。
・(m)電書の現物みてなくて思うになんですが、電書との差ってカバーと紙の触感といま版にしてない(?)カバー下でしか付けれないという考え方なのかも。そうすると投げ込みチラシとかそういうのも面白いのかもしれないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です