だいたい日刊コミタン!2013/01/18号

今日の気になるタイトル
・(りゅーと)『犬神さんと猫山さん』(1)(くずしろ/一迅社/百合姫)
葛城一名義でも活躍する著者の百合姫レーベルでの初コミックス。男性読者が増えてきたように感じる百合銘柄だが、この作品は比較的、女子ファンが多そう。また、4コマからの延長として一般層も取り込めそうなので、百合というジャンルを超越した幅広い層への売り伸ばしができそう。余談だが、一迅社の1月刊行の雑誌全てにコミケ誌上通販の申し込み用紙が付くようなので、需要のありそうな店舗は要注意。

・(りゅーと)『ファンタジスタ ステラ』(1)(草場道輝/小学館/週刊少年サンデー)
1巻は真の『ファンタジスタ ステラ』にあらず。ただの本田圭祐物語なので要注意。本番は、恐らく2巻途中から収録されるであろう前作主人公の轍平編から。動きが顕著になるのも2巻発売から3巻にかけてだと予想されるので、それまではコミック文庫の『ファンタジスタ』でも仕掛けたほうが良いだろう。創造力豊かな選手たちによる、実現できそうなレベルでのテクニックの応酬は圧巻の一言。様々な軸から芸術的シーンを捉える描写は、サッカー少年のイメージトレーニングに最適!某県の選抜選手だった僕も現役時代はこのマンガでイメトレしました。

・(チャリ)『ファンタジスタ ステラ』(1)(草場道輝/小学館/少年サンデー)
今の所『ファンタジスタ ステラ』というより『週刊本田圭佑物語』と言ってもいいくらい本田圭佑が前面に登場している。実在の選手が漫画に登場する例は『巨人の星』などあるが、ここまでメインに扱う作品は初めてではないだろうか。1巻に収録される内容ではまだ本田中心の話なので、今後坂本轍平とどう絡まっていくかが楽しみ。人気のある選手なので、漫画売り場だけでなく、スポーツ雑誌・関連書コーナーにおいても面白い。

・(myt)『My sweet ウマドンナ馬きゅーん☆』(1)(険持ちよ/小学館/サンデー超)
JRAの皮をかぶった、いわゆる「女の子が喋るだけ」のギャグマンガ。馬要素はまったく無いと言ってよく、作中ではそれすらもネタしておりJRAもなかなか度量が広い。こういう体当たりなギャグマンガ結構好き。
併売は『じょしらく』(ヤス・久米田康治/講談社/別冊少年マガジン)あたりだろうか。スラップスティックからはなんとなく水あさとも彷彿とさせる。ニコニコ動画で視聴数を稼いでいる実況プレイ動画があるので、客層に親和性のある書店では初動もそこそこいいのでは。

・(myt)『竜蹄の門』(1)(やまさき拓味/リイド社/乱ツインズ)
いっぽうこちらはガチで馬。明治初期の馬術。馬の博物館でサイン会だもんなー。自店はリイド社の棚をもっておらず雑誌付きのお客さんもいないが、これは動かせそうな気がする。画力をかって『壬生義士伝』(ながやす巧・浅田次郎/講談社/別冊少年マガジン)あたりを見込みつつ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です