週刊コミタン! 2013/02/17号

来週の気になるタイトル
2月18日
・・・
2月19日
『レイチェル・ダイアル』(1)(皿池篤志/集英社/ミラクルジャンプ)
・「ミラクルジャンプ」期待の星。例のアレをやりました。かなりいい内容だと思います。発売日近いところでいえば『KEYMAN』(わらいなく/徳間書店/COMICリュウ)の層を狙ってみたい。

・ミラクルジャンプ期待の新人。お転婆お嬢様と漫才コンビのようなアンドロイドの掛け合いが面白い。
レトロフューチャーな世界観や、味のあるガジェット、代理戦争時のロストテクノロジーなどなど見所が満載。友人に口コミで広めたくなるような作品。個人的な感想としては「イブニング」の棚前に合いそう。

・読みきりから連載にという「ミラクルジャンプ」お得意のパターンの第1巻。レトロな雰囲気漂うサイエンスフィクションでもあり、すこしふしぎでもあるSF作品。スラップスティックアクションなれど、キャラクターや設定に必然性があり、新人ではあるが長く棚でアピールできるだけのポテンシャルを秘めている。刊行ペースと初版部数がネックになりそうだが、20代後半から30代後半の映像化されたSFを観て育ってきた世代にはなにかしらの訴えかけるものがあるだろう。個人的には『砲神エグザクソン』(園田健一)や、『セラフィック・フェザー』(うたたねひろゆき)中期などのアフタヌーン世代向けかなー?と。

『極黒のブリュンヒルデ』(4)(岡本倫/集英社/ヤングジャンプ)、『君は淫らな僕の女王』(岡本倫・横槍メンゴ/集英社/ミラクルジャンプ)、『クズの本懐』(1)(横槍メンゴ/スクウェア・エニックス/ビッグガンガン)
・関連商品3冊同時発売。配本数は違うだろうが並売はマスト。『君は淫らな~』は思っていたよりかは過激ではない装丁なので買いやすくなっていると思う。折角なのでブリュンヒルデも既刊を揃えてフェア展開したいところ。

・併売必須。萌えっぽい絵柄でセクシー系コメディを描く新人としては異例といっていいほどの活躍っぷりだろう。棚では双葉社刊『はるわか』と並べるのがベストだが、集英社の棚で『源君物語』(稲葉みのり/集英社/ヤングジャンプ)などと並べるのも選択の一つだろう。全部一緒に棚作るのが一番良いのは間違いない。『クズの本懐』は部数が厳しそう。初回と追加で取れないとしばらく切らしそうな匂いがプンプンする。

2月20日
『ぼおるぺん古事記』(3)(こうの史代/平凡社)
・天地ときたら人かと思いきや海。古事記1300年のニュースって「別冊太陽」とか「芸術新潮」あたりの話題なんですね。このタイトルも初速はコミック棚だが、文芸・社会のほうが長く動いた。興味からの導入は時期を選ばず。

『ヴォイニッチホテル』(2)(道満晴明/秋田書店/ヤングチャンピオン烈)
・1巻在庫をしばらく見ない。撒きすぎ?返本率の締め付けが厳しくなるにつれ市場回転率は悪くなるんでしょうな。ある程度の果断さで返本して欲しい。

・ヴォイニッチもニッケルも基本的には作家買いのお客さんがメインの購買層だと思うが、可愛い絵柄とファニーな話なので女性客にもアピールしていきたい。連動したフェアなどの売り方はかなり現実的にありそう。
読み切りよりも連載のほうが格段に面白く、キャラクターも立っているので、『ヒカルの碁』世代の20代半ばからの客層にアピールしたい。

『星空のカラス』(モリエサトシ/白泉社/花とゆめ)
・個人的に連載よりも短編マンガ向きの作家だと思っているモリエサトシの囲碁マンガ。白泉社でタイトルに動物ということもあり、『3月のライオン』(羽海野チカ/白泉社/ヤングアニマル)をどうしても連想してしまうところはあるハズ。

2月21日
・・・
2月22日
『就職難!!ゾンビ取りガール』(福満しげゆき/講談社/モーニング)
・『生活』(太田出版)にヒロインを据えた作品。『ピコピコ少年』→『ハイスコアガール』の手法か?読みやすいのでエッセイ読者以外にも刺さりそう。

・福満しげゆき最新作という看板はあれどさすがにもう鈍くなりそう。

『べアゲルター』(1)(沙村広明/講談社/ネメシス)
・沙村広明全作品の中で暴力とギャグのバランスがニュートラル。新刊台では『無限の住人』最終巻から上手く乗り継いで欲しい。この連載の存在を知らない人も多いはず。沙村広明は『無限の住人』意外は巻数がないので、だらだら感・ギャグ・暴力のどこを入り口に設定するかはお店の雰囲気が出るポイント。

・代表作の長期連載が終わり、取り敢えずの連載はネメシスになった。『ベアゲルター』はエロあり、グロあり、ギャグありと沙村イズム満載な作品。ミステリ要素もあるので一般の人にも薦めたい。

・「楽園」もあるよ!

『勇者ヴォグ・ランバ』(2)(庄司創/講談社/アフタヌーン)
・1巻は予想以上に動いた印象。短い巻なので3月刊行予定の短編集とともに仕掛け的に販売していきたい。こういう作品がお店の棚に色を付ける。

・こういう硬派なマンガをきちんと張っていきたい。

『草子ブックガイド』(2)(玉川重機/講談社/モーニング・ツー)
・1巻の装丁が良かったので2巻にも期待。棚に入ってしまうと埋もれてしまうので、本をテーマに扱った作品と並売するのが良さそう。

・久々の新刊、1巻発売時と比較して、作品が認知された感があるので、発売のアピールは忘れないようにしたい。他の書店ものや読書系マンガよりもかなり読ませる内容なので、客層はやや高めか。前回は、小学校高学年のお子さんがいる親御さんにアピールしたところ驚異のリアクションの良さだったので、今回も同様の販売でまずは様子見。

『リマスターズ!』(みやざき明日香/講談社/アフタヌーン)、『Eから弾きな。』(1)(佐々木拓丸/講談社/イブニング)
・青春ロックもの2作が同時発売。『リマスターズ!』はギャグ要素が強く、『Eから弾きな。』はライブシーンの臨場感が伝わる画面作り。萌えではない音楽でブームを起こしてほしい。

『アバンチュリエ』(森田崇/講談社/イブニング)
・本誌での連載は終了したが、3月発売の号より小学館クリエイティブ刊「ヒーローズ」への移籍が決まっている。ネットを中心に情報収集している層との親和性が高く、ある程度の初速が期待できる反面、完結して他社へ移籍ということもあり部数面に不安が残る。

2月23日
「コミックフラッパー」から『閃光少女』(2)(あさのゆきこ)・『不器用な匠ちゃん』(須河篤志)
・本誌誌面は「アライブ」勢の押し込みが強く、既にこの2人のほうが浮いている状況になりつつある。メディアファクトリー棚はそろそろ「アライブ」・「フラッパー」の区別が要らなくなるんじゃないかな。
今週の思うところ
2月11日
・・・
2月12日
『あやしや』(2)(坂ノ睦/小学館/ゲッサン)
・2012年の「ゲッサン」と「別冊少年マガジン」が大量のダークファンタジー作品を送り出してきた中からの期待作。『鋼の錬金術師』・『進撃の巨人』と当たればデカいジャンルだがまだその芽吹きはなさそう。「別冊少年マガジン」の数撃ちゃ感はすごい。勝ち馬っぽいのは即日重版の鈴木央『七つの大罪』(週刊少年マガジン)か。

「ゲッサン」
徳川家康の脱糞シーンがないのは遺憾の意。さておき、来月号からの中原裕大新連載がボードゲームもののようで期待が高まる。競技人口少し増えてるみたいですしね。実在ボードゲームをプレイするマンガには『Quick Start!!』(安達洋介)など非常にマニアックな先達がいるが・・・。瀬戸ミクモの新連載がファンタジーものなのはちょっと意外。

『悪戯ちょうちょ』(2)(綾瀬マナ/双葉社/コミックハイ!)
・やはり出足は鈍いが反応が無くはないのできちんと売っていきたい!やはり面白い!

・初速が前回同様に鈍め。発売に気付いていない層が多いか?週末にどれだけマンガ好きの琴線に触れたかで展開を変えていきたい。百合であることを押し出してはいくが、思春期の少女たちの音楽マンガとしても十分な作品なので、より女子向けにアピールしたい。

『今日もいい天気 原発事故編』(山本おさむ/双葉社/しんぶん赤旗日曜版)
・こちらは反応が早く、きちんとお客さんが付いている。と言っても『そばもん』(小学館/ビッグコミック)よりは動いていないのでもう一伸びさせたいところ。

2月13日
・・・
2月14日
・・・
2月15日
「ハルタ」
・持ち運びやすくなったのが非常に嬉しい。どこでも読める。カバーストーリーを除く巻頭(?)を飾った菊池まりこ『カプチーノ』はひたすらにヒロインのガッカリ・驚き・陰鬱顔が可愛い。空木哲生は・・・次号か。入荷部数は微増でした。

『七つの大罪』(週刊少年マガジン/講談社/鈴木央)
・ある程度の数は確保できたが、即日重版ということからも全国的な消化率の良さがうかがえる。
もう少し様子を見ないとなんとも言えないが、名実ともに次代のマガジンを担うファンタジーマンガの初動としてはかなりいい結果なのではないか。新刊も比較的早く刊行されるようなので、在庫は多少多くても問題ない。

・タイトルロゴがモバゲーっぽい。即日重版って何で決めてるんですかね。

・2日で蒸発。ファンタジーという少年マンガの王道をしっかり描いてしっかり面白い!これをフックに既刊揃えてフェアやるしかない!

『事件記者トトコ』(1)(丸山薫/エンターブレイン/ハルタ)
・立ち位置こそ違えど、自分本位のキャラクターが事件の渦中にいてあっさり解決という構成から、『名探偵マーニー』(木々津克久/秋田書店/週刊少年チャンピオン)アザーサイド的な観点で売っていきたいと思っていたが、残念ながらのマーニー入らず。秋田さんよ刷ってくれ。

・『ヴォイニッチホテル』然り、ほんと刷って欲しい。注文の頭から全部出庫してるのかな。

電撃ジャパンコミックス全点
・実売をかなり割った配本に驚き。やはり休刊ということで部数をかなり絞ったのだろう。お客さんのリアクションも、完結しないのに続き出る保障ないとか…みたいにかなり購買に消極的。棚の撤退をかなり現実的に考え中。

2月16日
・・・
その他
ドラゴンボール色々
・見切り時という言葉が頭をよぎる。

「コミックBLADE」
・新人新連載の『リピートアフターミー』(ヤマモトマナブ)。ストーリーの仕掛けは記憶を引き継ぐループものだが「ループが10回であること」、「主人公に数字化された目標があること」など話の枠組みが明確なので続きを想像しやすく気になる。全4巻ぐらいか。

■2013年2月8日~2月14日のレポート(myt調べ)
タイトル出版社指数値ISBN
WORST  31秋田書店1.794253216218
黒子のバスケ  21集英社1.454088706188
サルチネス   2講談社1.024063822656
SKET DANCE  29集英社0.944088706293
信長協奏曲   8小学館0.914091241174
君に届け  18集英社0.884088468813
銀魂  48集英社0.844088706153
王妃マルゴ   1集英社0.814087824837
トリコ  23集英社0.71408870617X
ハクメイとミコチ   1エンターブレイン0.694047286346
会長はメイド様!  16白泉社0.634592191862
西原理恵子の人生画力対決   5小学館0.594091791794
団地ともお  21小学館0.594091848567
パリパリ伝説   7祥伝社0.464396765703
Sunny   3小学館0.464091886132
帝の至宝   5白泉社0.464592191250
モンスター娘のいる日常   2徳間書店0.454199503242
トーチソング・エコロジー   2幻冬舎0.444344827112
君曜日 鉄道少女漫画   2白泉社0.444592710495
GATE7   4集英社0.434088705440
トラップホール   1祥伝社0.42439676569X
HUNTER×HUNTER  31集英社0.424088706978
ブラック・ジャック創作秘話~手塚治虫 2秋田書店0.424253132405
Sunny   1小学館0.414091885578
ウロボロス 警察ヲ裁クハ我ニアリ  15新潮社0.44107716961
Sunny   2小学館0.44091885764
ぼくは麻理のなか   1双葉社0.44575841706
銀の匙 Silver Spoon   6小学館0.394091241697
トリアージX   6富士見書房0.394047128546
あなたのことはそれほど   1祥伝社0.394396765630
ワンパンマン   1集英社0.39408870701X
監獄学園   7講談社0.394063822613
めだかボックス  19集英社0.39408870620X
テラフォーマーズ   1集英社0.39408879270X
疾風伝説特攻の拓外伝~EarlyDa 4講談社0.384063822621
じょしらく   5講談社0.38406337775X
くーねるまるた   1小学館0.374091848478
めしばな刑事 タチバナ   8徳間書店0.374197805527
テラフォーマーズ   2集英社0.37408879396X
誘爆発作   3講談社0.364063763692
式の前日小学館0.364091345859
遊☆戯☆王 ZEXAL   4集英社0.364088706242
Kiss×sis  11講談社0.354063767884
GANGSTA.   4新潮社0.354107716945
ワンパンマン   2集英社0.344088707028
テラフォーマーズ   3集英社0.314088794591
東京自転車少女。   3アース・スター0.314803004293
KEYMAN THE HAND OF 4徳間書店0.34199503269
マギ  15小学館0.34091240097
花君と恋する私   5講談社0.34063418413

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です