週刊コミタン! 2015/09/13号

来週の気になるタイトル
[weekly class=month day=1]月[weekly class=day day=1]日
[addLink]『碧いホルスの瞳』(1)(犬童千絵/エンターブレイン/ハルタ)[/addLink]
・古代エジプトの女ファラオもの。青年期から王への成長と自覚の道。装丁は眼力が強く女性に訴求力がありそうな感じ。『ふしぎの国のバード』ほどすぐにはハネないが、『応天の門』や森薫と売り伸ばせそうな作品。
・現行のハルタの中では期待値の高い作品。Fellowsからのキャリアの中、なかなか「これは!」と思う作品を描いてくれなかった作者だが今作は上手くはまった感がある。長いスパンでじりじり売りたい。
[weekly class=month day=2]月[weekly class=day day=2]日
・・・
[weekly class=month day=3]月[weekly class=day day=3]日
[addLink]『君とレモンの星』(1)(かねもりあやみ/秋田書店/プリンセスGOLD)[/addLink]
・今のプリンセスレーベルで新作を推すのであればこのあたり。
[weekly class=month day=4]月[weekly class=day day=4]日
・・・
[weekly class=month day=5]月[weekly class=day day=5]日
[addLink]『プリマックス』(1)(柴田ヨクサル×蒼木雅彦/集英社/ヤングジャンプ)[/addLink]
・作画が別人でもすぐに誰だか分かる圧倒的なヨクサルコンテ。1話の引きはやはり強いと思うので、目立つところに出してファン以外にテにとってもらいたい。
・男(商業)目線の「カワイイ」コンテンツとは何かを分析して直感的に描いている。ヨクサル塾とか中山敦支塾みたいなものを開校してマンガ表現を伸ばしてもらいたい。

[addLink]『ブルーグラリア』(下)(イイヅカケイタ/集英社/週刊ヤングジャンプ)[/addLink]
・最初はレベルE的な地球での日常に潜む異星人の生活を描いていたが最後は大風呂敷を広げた印象。上下巻に収めるためか最後は少し急ぎ足になった。単行本でちゃんと読み直したいな。

[addLink]『イエスタデイをうたって』(11)(冬目景/集英社/グランドジャンプ)[/addLink]
・長かった!連載中何誌渡り歩いたのだろうか?連載未読なので結末が楽しみ。スピリッツの連載も終ったので次はどこかな?アフタヌーンのポスター企画は好きでした。

[addLink]『MAJOR 2nd』(2)(満田拓也/小学館/週刊少年サンデー)[/addLink]
・2巻含めて100万部突破ってこれマジ?自店の感覚だと全然そんな感じがしない。
・同じく・・・。なんだかんだサンデーも週刊少年誌なんだな。

[addLink]『七海の623』(1)(がっきー/小学館/クラブサンデー)[/addLink]
・折角『ハイスコアガール』の和解が成立したというのにこちらは完結!逆に併売で人気が出て続編が始まるパターンか!?

[weekly class=month day=6]月[weekly class=day day=6]日
[addLink]『鳴沢くんはおいしい顔に恋している』(1)(山田怜/徳間書店/ゼノン)[/addLink]
・料理上手な男子高校生がヒロインたちにご飯を作り、彼女たちのおいしい顔をゲットする。圧倒的に男性向けの作品だと思うが絵柄が女性的なのが少しミスマッチか。女性たちの典型的キャラづけは安心して読める。
・洋物女は苦手だと思ってたがこんなに可愛いならアリだな!『スイようび』との併売もありかな?
・いやー『ラーメン大好き小泉さん』あたりじゃないでしょうか。

[addLink]『八男って、それはないでしょう!』(1)(楠本弘樹・Y.A・藤ちょこ/KADOKAWA/COMIC WALKER)[/addLink]
・同日発売『無職転生』『盾の勇者』と併売で間違いないでしょう。設定・絵柄ともに整ってます

今週の思うところ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です