週刊コミタン! 2016/11/27号

来週の気になるタイトル
[weekly class=month day=1]月[weekly class=day day=1]日
[addLink]『結んで放して』(山名沢湖/双葉社/月刊アクション)[/addLink]
・(m)「創作の原風景」というテーマ自体がもつ熱さと山名沢湖の柔らかさが相まってなんだか泣けてしまうよ。ヨヨヨ。創作ジャンルで置いてみたい。(『響~小説家になる方法~』『まんが道』『あしたのジョーに憧れて』)
・(m)表紙では創作関係であることがわかりにくいので帯期待。
・(く)創作を題材に色々な繋がりが描かれる。良い漫画。

[addLink]『監禁嬢』(1)(河野那歩也/双葉社/漫画アクション)[/addLink]
・(m)エロで心にグロい展開や人間関係をどんどん投入してくるのでグッチャグチャ。版元が売り伸ばしに力を入れている感じがする。

[weekly class=month day=2]月[weekly class=day day=2]日
[addLink]『人魚姫の水族館』(1)(伊藤正臣/白泉社/ヤングアニマル)[/addLink]
・(く)やはり水を描かせてなんぼの作家だなと思う。これぞという装丁。
・(m)水の描き方が天下一品。水面のキラキラがすごい。
[weekly class=month day=3]月[weekly class=day day=3]日
[addLink]『ソフトメタルヴァンパイア』(1)(遠藤浩輝/講談社/アフタヌーン)[/addLink]
・(く)遠藤浩輝アフタへの帰還。大きいスケールの作品を描ける作家が減ってきたので存在感も更に増した。物語的にはまだ未知数なのでまずはしっかりとファンに向けて。
・(m)元素を操るという設定でアイデアによる面白さの幅広さが保証されている。所々に出てくる格闘技や腹筋女子に前作ファンも涙。いい装丁。
[weekly class=month day=4]月[weekly class=day day=4]日
『クロスライン』(1)(ムサシマル、Ark Performance/少年画報社/アワーズGH)
・(く)謎の1日発売。前日発売の本編と同発ではないメリットとは
・(m)画報社はちょいずれ発売日がホント多い。器用なような不器用なような。
[weekly class=month day=5]月[weekly class=day day=5]日
[addLink]『カードキャプターさくら クリアカード編』(1)(CLAMP/講談社/なかよし)[/addLink]
・(m)大友需要はまだ読みやすいが、当時の女性読者需要がどのぐらいのものなのか読みきれない。発売自体のニュース浸透待ちも含めて多めに入れてロングで持つことに。
・(く)2018年アニメ化決定の報で新作があること知った層も多そう。

[addLink]『約束のネバーランド』(1)(白井カイウ/集英社/週刊少年ジャンプ)[/addLink]
・(凹)これも動きが読めない。わりと消極的。
・(く)元々イラストレーターなので表紙絵の仕上がりに期待。装丁次第ではまだ様子見勢も購入まで行きそう。

[weekly class=month day=6]月[weekly class=day day=6]日
・・・
今週の思うところ
22日、巨弾ふたつ延期で少しマシ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。