週刊コミタン! 2012/12/09号

来週の気になるタイトル
12月10日
・(myt)『B.B.GIRLS』(1)(くみちょう/マッグガーデン/BLADE)
面白い。面白いんだけど自店では鈍いのが分かっている時の悲しさは同誌『アニメの時間』(1)(青井とと)同様。女の子オシで花開いて欲しい。手持ちは少ないだろうね。

・(凹田)『B.B.GIRLS』(1)(くみちょう/マッグガーデン/BLADE)
そういえば女子の団体スポーツマンガで大流行したものってあんまり印象がない気がする。朴訥とした絵柄とキャラの可愛さで売れてほしいな。

・(myt)『いいなりゴハン』(1)(森繁拓真/集英社/ジャンプ改)
1巻まではまだ売れそうだが苦戦必至だと思う。作家の官能語彙に物足りなさがある。

・(凹田)『いいなりゴハン』(1)(森繁拓真/集英社/ジャンプ改)
漫画家さんの行きつけのお店紹介モノ。年末のグルメガイドとしてオススメ。

・(凹田)『IPPO』(1)(えすとえむ/集英社/ジャンプ改)
靴職人マンガ。靴って地面と人をつなぐ大事なアイテムなんですよね。それ故に人間性も出ると思う。

・(チャリ)『スピリットサークル』(1)(水上悟志/少年画報社/アワーズ)
水上悟志最新作。単行本発売月にアワーズの表紙を飾るなど少年画報社も力を入れているみたいだし、今作で新しい水上悟志ファンを呼び込みたい。前作『惑星のさみだれ』を売る努力も忘れずに。

・(凹田)『ストロボスコープ』(ヤマシタトモコ/リブレ出版)
久しぶりのBL作品。良い年越しができそうだ。

12月11日
・・・

12月12日
・(チャリ)『奴隷区 僕と23人の奴隷』(1)(オオイシヒロト・岡田伸一/双葉社/E★エブリスタ)
勝負に勝てば奴隷にできる器具をつかって、繰り広げられる人間模様。登場人物が23区になぞられているので、区民の人は自分の地区を応援しよう。頭脳戦とバイオレンス&エロスが混じるので、王様ゲーム+3歳ぐらいが購入層になるか。

・(myt)『奴隷区 僕と23人の奴隷』(1)(オオイシヒロト・岡田伸一/双葉社/E★エブリスタ)
いいタイミングで編集部(出版部)のTwitterが立ち上がっていた。 https://twitter.com/futabasha_comic
フォロワーも書店がちらほらとあるので後パブがどういう形になるか期待。

・(りゅーと)『奴隷区 僕と23人の奴隷』(1)(オオイシヒロト・岡田伸一/双葉社/E★エブリスタ)
王様ゲームの後継として客層はほぼ共通する作品。奴隷というちょっとキツめの単語を受け入れられるかが若年層購入に際する一番のキモか。

・(凹田)『このBLがやばい!2013年度版』(NEXT編集部/宙出版)
1位は『虎穴ダイニング』(元ハルヒラ/フランス書院/Canna)かなぁ?

・(りゅーと)『このBLがやばい!2013年度版』(NEXT編集部/宙出版)
中村明日美子描き下ろしの802(やおじ)くんというキャラが表紙を飾っています。作家特集の傾向等も昨年までとは多少毛色が違うか?

・(myt)『総合タワーリシチ』(2)(あらた伊里/芳文社/つぼみ)
1巻を再入荷出来ないままここまで来てしまった。百合百合してる棚とギャグの棚で売る。前回はギャグのほうが動いた。

・(myt)『がっこうぐらし!』(1)(海法紀光・千葉サドル/芳文社/きららフォワード)
ニトロプラス×ディストピア×女の子でサバイバル。アキバおよびアキバブログを参考にしているお店では動きそうな予感。

・(myt)『VANILLA FICTION』(1)(大須賀めぐみ/小学館/ゲッサン)
ダーク&スプラッタなのは相変わらずだが、前作『WALTZ』や『魔王』からは客層を拡げるべくB6サイズでの刊行。とはいえそれらも今作がターゲットにしていた大人層の購買イメージはある。一緒に置いても特に違和感ないなーと。
同日『ひとりぼっちの地球侵略』(2)(小川麻衣子)とは判型が違うが、ぜひ一緒にしてあげたい。「ゲッサン」への入口になる。

・(チャリ)『ひとりぼっちの地球侵略』(2)(小川麻衣子/小学館/ゲッサン)
新人の挑戦場だったころの「サンデー超」育ちで、今ではゲッサンの未来を担う若手の一人。「地球を侵略に来た宇宙人との交流」という古典題材を、今でも通用すると思わせてくれた作品。タイトルは、藤子・F・不二雄の「ひとりぼっちの宇宙戦争」のオマージュか。

12月13日
・(myt)『一緒に遭難したいひと』(4)(西村しのぶ/講談社/Kiss)
3月まで延期って・・・すごい。

・(myt)『満ちても欠けても』(1)(水谷フーカ/講談社/Kiss)
女性に売る水谷フーカという感じが”初めて”なので非常に楽しみだと思っているんだけど『GAME OVER』(白泉社)の客層ってどうだったんですか?自店出遅れまくったのでイマイチ。
しかしナンバリングの怪。そんなにページ数あったっけ?

・(myt)『真田と浜子』(1)(ハイソンヤギ/徳間書店/COMICリュウ)
売れるだろうと触れておかないといけない作品ではある。同日同社『夜の須田課長』(クマザワキミコ)もまずまず。女性にもウけるのだろうか。

・(凹田)『真田と浜子』(1)(ハイソンヤギ/徳間書店/COMICリュウ)
結構、際どい性嗜好を持つ浜子を必死でいなす真田を微笑ましく描く。重い共依存をライトに描いている。松本藍『生きろモリタ』『待てモリタ』(太田出版/エロティックスF)とともに。

12月14日
・(凹田)『3月のライオン 手帳付限定版』(8)(羽海野チカ/白泉社/ヤングアニマル)
「なかよし」の付録、『軍靴のバルツァー』(中島三千恒/新潮社/@バンチ)の軍人手帳よろしく、オタクの部屋は手帳だらけになりそうだ。ただでさえカレンダーだらけになりがちなのに。今回の表紙は柳原棋匠。島田八段の時同様、渋い表紙の時は売上が伸びる気がする。

・(凹田)『わんおふ~one off~』(1)(太田真人/佐藤順一/マッグガーデン/EDEN)
ストーリーの脇役ではあるが、バイクの描き方が丁寧で良い。バイクに乗って初めて分かる景色、視点など、高校時代の「one off(一回限り)」を描く。

12月15日
・(myt)『梅酒』(幸田真希/マッグガーデン/avarus)
まだ全貌は明らかでないが心情とか指向にヒネリがあるキャラクターで読ませる短篇集になっているはず。周辺書店での認知度の低さも考えると自店では間違いなく期待作。

・(りゅーと)『梅酒』(幸田真希/マッグガーデン/avarus)
女子高生とおっさんが通い妻的に交流していく年の差もの。確実に存在する年の差ジャンルは学生よりは少し上の層にアピールすべき。在庫確保が一番のネックか。

・(凹田)『梅酒』(幸田真希/マッグガーデン/avarus)
装丁も良いし、話も面白そう。これは結構反応大きいのではないだろうか。あとは配本が心配なことくらい。

・(りゅーと)電撃コミックス
年末恒例?電撃系コミックスの超前倒し。普段とは違う予定外の搬入に苦戦は必至か?ラノベ原作のそこそこ動いているもののコミカライズなど、配本もそれなりにありそう。

・(凹田)『自動販売機 戸部さん』(ルーツ/アスキー・メディアワークス/電撃大王ジェネシス)
自販機の擬人化マンガ兎に角可愛い!女の子にお金を入れるっていう行為はなんかフェティッシュ。

・(myt)『ヒナまつり』(4)(大武政夫/エンターブレイン/Fellows!)
なんだかんだで1巻を面でおくのが1番ヒキが強い。

今週の思うところ
12月3日
・(myt)『聖☆おにいさん』(8)(中村光/講談社/モーニング・ツー)『きのう何食べた?』(7)(よしながふみ/講談社/モーニング)『大奥』(9)(よしながふみ/白泉社/MELODY)
3冊買いが結構多いか?と予想していたが自店での買いあわせの数は 聖&きのう>聖単品>聖&大奥>きのう&大奥>三冊とも という感じでした。『大奥』の入荷数は他2つの1/3ほどという状況にもなってますしね。棚でのソートは『大奥』『きのう何食べた?』『聖☆おにいさん』のとおり。

・(凹田)『(成)ポルノスイッチ』(Hisasi/ワニマガジン/快楽天)
入荷無くがっくり。

12月4日
・(myt)『ワンパンマン』(1)(2)(ONE・村田雄介/集英社/となりのヤングジャンプ)
大学生男子という想定客層の自店での薄さがあり、思ったほどの高波ではなく初週は乗りきった。ここで余剰分をゆっくり持ちすぎると売れるお店に申し訳ないので一部分はお返ししたい。ペース見ても重版は明らかだが、それが年内に間に合うかどうかは怪しい。
「ヤングジャンプ」に出張版が載ったのはかなりエラい。幅がグッと拡がる。裏を返すと自立はこれから。

・(凹田)『ワンパンマン』(1)(2)(ONE・村田雄介/集英社/となりのヤングジャンプ)
出だし好調。入荷も少しの減数だったので結構刷っていたのかな。

・(りゅーと)『ワンパンマン』(1,2)(ONE・村田雄介/集英社/となりのヤングジャンプ)
さすがの村田雄介、初速も抜群で初回は瞬殺。追加は年内間に合うか?加筆修正も多いようで、ファンはコミックスに手を延ばさざるを得ないだろう。

・(チャリ)『戦勇。』(1)(春風ロビンソン/集英社/ニコニコ静画)
11/16に発売した『ヒーローハーツ』(1)(春風ロビンソン/小学館/裏サンデー)と併売しようと思ったが、即完売。
入荷数の問題もあるが、さすがはジャンプブランド。1月にアニメ化なので、それまでに追加したい。

・(チャリ)『黒子のバスケTVアニメキャラクターブック アニバス』(1)(藤巻忠俊/集英社)
市場に存在しているかすら怪しい。まさかの店頭分が無いという事態に、書店員驚愕、俺困惑。
来月の2巻も刷り部数がしぶそうなので、客注割れに要注意。

12月5日
・(myt)『BEAR BEAR』(1)(池ジュン子/白泉社/LaLaDX)
凹田さんの言っていた「版元の頑張り」は伝わって来なかったが・・・。自分で買うのは躊躇われる入荷数。これ持ってないと「白泉社系弱いお店なんだな」と雑誌読者の方に思われそう。いや確かに決して強くはないのですが。

・(凹田)『BEAR BEAR』(1)(池ジュン子/白泉社/LaLaDX)
男性にも読みやすい少女マンガだと思う。ので男性にも効果的にアピールしていきたい。

・(りゅーと)『BEAR BEAR』(1)(池ジュン子/白泉社/LaLaDX)
表紙はポップに仕上がったが、客層からは少しズレるイメージ。近づきたいのに近づけないもどかしさを着ぐるみで表現する作風は、「LaLaDX」掲載ということもあり学生よりは上の層向けかと。

12月6日
・・・
12月7日
・(myt)フラワーズコミックスマスターピーシーズ 吉田秋生, 萩尾望都
思っていたよりだいぶ装丁に凝っていて香り立ちそうな箱入り。
お値段も相応なのでパパッと売れる感じではないが、10日発売『海街ダイアリー』(5)にもあわせてじっくりいきます。

・(凹田)『メランコリメランコリックメランコリニスト』(小林モリヲ/竹書房/麗人)
ドS歯科医×オヤジリーマン。売れそう。

12月8日
・(凹田)『王者の遊戯』(1)(緒里たばさ/新潮社/@バンチ)
装丁がイメージ通りで売りやすい。同誌の『軍靴のバルツァー』同様、男女ともにアピールしたい。

・(りゅーと)『王者の遊戯』(1)(緒里たばさ/新潮社/@バンチ)
同誌『BTOOOM!』(井上淳哉)アニメ枠でCMもやっているので、版元としても推しタイトルか。バディバトルという一部層に響きそうな単語を用いた帯は良し。客層もこの単語を受け入れられる女子中心で。

・(チャリ)『「ガロ」「COM」漫画名作選』(1),(2)(アンソロジー/講談社)
なんだかよくわからないが、すごい本が発売された。その名の通り、「ガロ」と「COM」の名作を同時に収録。「COM」派の僕にはガロ作品が新鮮に映るし、所有していない作品も多いので、うれしいチョイスだった。60代の漫画好きが多いお店は(あるのか?)平積み必死!

・マンガナイトさん主催、「書店員バトル~マンガドラフト会議~」ご視聴などありがとうございました!

その他
・(myt)『喰う寝るふたり、住むふたり』(1)(日暮キノコ/徳間書店/コミックゼノン)
『きのう何食べた?』から少し流入できたと思う。来月の「ゼノン」1巻攻勢も若い。昭和と平成の交差点。
■2012年11月30日~12月6日のレポート(myt調べ)
タイトル出版社指数値
HUNTER×HUNTER  31集英社5.10
聖☆おにいさん   8講談社4.34
きのう何食べた?   7講談社3.32
黒子のバスケ  20集英社2.37
大奥   9白泉社2.10
BLEACH-ブリーチ-  57集英社1.37
CLAYMORE  23集英社1.19
おやすみプンプン  11小学館1.11
銀魂  47集英社1.07
深夜食堂  10小学館0.91
トリコ  22集英社0.90
キン肉マン  41集英社0.88
闇金ウシジマくん  26小学館0.86
新世紀エヴァンゲリオン  13角川書店0.82
めだかボックス  18集英社0.82
SKET DANCE  28集英社0.79
家庭教師ヒットマンREBORN!  41集英社0.77
ONE PIECE  68集英社0.64
リアル  12集英社0.63
ワンパンマン   1集英社0.62
ぬらりひょんの孫  24集英社0.62
あさひなぐ   7小学館0.58
ワンパンマン   2集英社0.57
姉の結婚   4小学館0.51
血界戦線   6集英社0.50
ヴィンランド・サガ  12講談社0.48
斉木楠雄のΨ難   2集英社0.47
WORKING!!  11スクウェア・エニックス0.46
べるぜバブ  19集英社0.44
さすらいアフロ田中   8小学館0.38
聖☆おにいさん   8 DVD付き特装版講談社0.37
君と僕。  12スクウェア・エニックス0.35
暗殺教室   1集英社0.35
新宿スワン  34講談社0.33
ヴァンパイア騎士  17白泉社0.30
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らな 2集英社0.30
カゲロウデイズ   1メディアファクトリー0.28
ライジングサン   2双葉社0.27
特火点 花沢健吾短篇集小学館0.26
サーバント×サービス   2スクウェア・エニックス0.26
ZETMAN  18集英社0.26
Pandora Hearts  19スクウェア・エニックス0.25
カッコカワイイ宣言!   4集英社0.25
王様ゲーム 終極   1双葉社0.24
FAIRY TAIL  35講談社0.24
アニバス 黒子のバスケ TVアニメキ 1集英社0.24
風雲児たち 幕末編  21リイド社0.24
ましろのおと   7講談社0.23
LIAR GAME  15集英社0.23
BLACK BIRD  17小学館0.23

「週刊コミタン! 2012/12/09号」への2件のフィードバック

  1. 『「ガロ」「COM」漫画名作選』(1),(2)(アンソロジー/講談社)

    これ全く気づかなかった。発注します。うち好みですわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です