週刊コミタン! 2013/01/06号

来週の気になるタイトル
1月7日
・(りゅーと)『彗星継父プロキオン』(ツナミノユウ/講談社/ITAN)
地球人と異星人のギャップをコメディにするというタッチだが、ボケの父親とツッコミのこどもという構成から、併売するなら『秋津』(室井大資)か?
過去の作品でもそうだったが、かなり細かく設定を練りこんでいて、コミックスにておまけとしてページを割くスタイルは変わらないと思うので、作者ファンは間違いなく手を伸ばすだろう。新規層が入るには時間がかかりそう。
何よりも部数がかなり渋そうで、追加の確保が一番のネック。
1月8日
・(りゅーと)『ハダカノタイヨウ』(吉木まさかず/秋田書店/別冊少年チャンピオン)
別冊チャンピオンの第一弾のコミックス化。個人的には『バクマン。』よりも『まんが道』に近い作品。部活マンガ等にある青春時代の熱量が感じられる作品。
絵柄はやや古めというか、チャンピオン畑らしい感じなので、どちらかというとコアユーザ向けか。

・(りゅーと)『魔法少女・オブ・ジ・エンド』(佐藤健太郎/秋田書店/別冊少年チャンピオン)
こちらも「別チャン」第一弾のひとつ。イメージ的には、巨人だったりハカイジュウだったりの未知の生物が壊れた魔法少女に変わった感じのカタストロフ系作品。
ウチではカタストロフ系のメインユーザは学生等の若い層だが、魔法少女というキャッチーなフレーズと相まって初回から良い動きを見せそう。魔法少女の仄暗さを感じさせるデザインもなかなか良し。「別冊少年マガジン」の『神さまのいうとおり』(藤村緋二)も「週刊少年マガジン」に移籍して連載再開することだし、少年棚での継続した展開をするつもり。

・(チャリ)『大好きが虫はタダシくんの』(阿部共実/秋田書店)
阿部共実のデビュー読み切りや、web発表作をまとめた1冊。チャンピオンが若い作家の短編集を出すのは珍しく、阿部共実をしっかりと売っていきたいんだなと感じる。

・(myt)『大好きが虫はタダシくんの』(阿部共実/秋田書店)
表紙は例の水玉パターンを踏襲して連載作と同時発売、阿部共実の短篇集刊行としては好条件が揃っている。『しらまり』(高橋拡那/Fellows!)みたいな?入荷は『空が灰色だから』の7割5分。内容はより一層エッジが利いていて、心にじわじわくる感じのホラーテイスト。

・(凹田)『大好きが虫のタダシくんの』(阿部共実/秋田書店)
昨年、俺マン2011で未単行本ながらもランクインしてきた期待の新人。現状コミックにアンテナがある人にはもう知れているので、それ以外の人に如何に広げられるか、また、興味を持たせる売り場作りができるかがキモ。

・(チャリ)『ブラック・ジャック創作秘話』(2)(吉本浩二・宮崎克/秋田書店/別冊少年チャンピオン)
1巻の発売から1年半近くたったため1巻購入者の何%が継続するか読みづらい所がある。が、間があいていた分新規の読者も狙えるので、再度仕掛けてみてもいいかも。

・(myt)『ブラック・ジャック創作秘話』(2)(吉本浩二・宮崎克/秋田書店/別冊少年チャンピオン)
前巻をガッツリ売っていたため取次さんから緊急連絡が!
「前巻の実績分つけますか・・・?」
「いや、初回はとりあえず半分ぐらいで・・・」
版元さんの手元にいつまで在庫があるのかは分からないが、恐らくこれぐらいの出足でいいはず。
完結巻の出た『ゲゲゲの家計簿』(水木しげる/小学館/ビッグコミック)あたりを併売か。伴俊男の『手塚治虫物語』(朝日文庫)、復刊頼むよー。新装版は高い。

・(凹田)『ブラック・ジャック創作秘話』(2)(吉本浩二/宮崎克/秋田書店/少年チャンピオン)
1巻購入者の何割が2巻も購入するのか・・・。「このマンガがすごい!」での波及効果が高かったので、広い層に意識的にパブをうってもらいたい。

・(凹田)『ハダカノタイヨウ』(1)(吉木まさかず/秋田書店/別冊少年チャンピオン)
一時期漫画家マンガが飽和して、現在少し落ち着いている。気を衒わない熱い展開を期待。

1月9日
・・・
1月10日
・(myt)『―準備中。』(2)(やまざき貴子/小学館/flowers)『エンジェル・トランペット』(1)(赤石路代/小学館/flowers)
同じく10日発売の『失恋ショコラティエ』(水城せとな)、昨年からの『式の前日』(穂積)と若い衆の活躍が目立ちがちなところにベテランの新作2つを併せて発売。オトナ読者向け少女マンガの本道ここにありという感じで相互流入を図るべく、イチオシ棚に「flowers」作品を揃えたい。
『―準備中。』(1)は発売以降ここまでなかなか在庫ステータスが良くならない。去年もう少し推したかったのに悔いが残った1冊。
1月11日
・(myt)『ヒヤマケンタロウの妊娠』(坂井恵理/講談社/BE-LOVE)
「男性も妊娠する社会」という設定はヒキ十分。こういううまさは『ビューティフルピープル・パーフェクトワールド』(小学館/IKKI)で描いた「整形することが当たり前の社会」にも通じている。
前作同様、日常を一捻りする設定の中で「個人がどういうことに悩むか」を中心に描く。変わった設定の中でも登場人物の感情が他人事にならないのが上手さかなー。社会システムについても個人からみたものに留まるところがあり、もう少し俯瞰で見せてくれても面白かったかな。続刊なく残念。

・(myt)『となりの怪物くん』(11)(ろびこ/講談社/デザート)
アニメ化効果で女子中高生層の売上が伸びることに期待。この層がどういうきっかけがあればマンガを買ってくれるのか気になる。

(凹田)『第三世界の長井』(1)(2)(長井けん/小学館/ゲッサン)
奇跡の『神聖モテモテ王国』復刊から早幾年。内容的には一般向けではないが、著者のカルト的なファンがどれだけ居るかに期待。僕は買います。

(myt)『第三世界の長井』(1)(2)(長井けん/小学館/ゲッサン)
参照する実績はずばり『神聖モテモテ王国』の復刊でいいのではないでしょうか。雑誌で読んでみてだけど新規の読者は期待しづらいかなー。

1月12日
・(チャリ)『地上の記憶』(白山宣之/双葉社)
70年代から描いていた作家らしいが、単行本を出さない主義のため今までに数点しか単行本化されていないらしい。今回は、白山宣之が残念ながら昨年逝去されたため、遺作集として刊行されるそうだ。
正直新刊リストでその存在を知ったのだが、調べても著者に関する情報はあまりなく、大友克洋に原作を提供したと言う話が見つかった程度だった。一度も読んだことのない作家だが、ナニカ物すごく惹かれるものがあるので、今月一番楽しみにしている作品だったりする。

・(myt)『地上の記憶』(白山宣之/双葉社)
これは追加からで間に合うだろうと踏んでいる。恐らく素晴らしいであろう内容ほどに作家さんの名前が広がっていないギャップを上手く埋めたい。脇をヘビー級のタイトルで固めたい。まぁまずは読んでみなければ。

・(myt)『危ノーマル系女子』(1)(真田ジューイチ/ほるぷ出版/コミックメテオ)
「かつてカトウハルアキだった」という文言には2012年もっとも衝撃を受けた。帯が気になる。
背景一色の単行本装丁にはもうちょっと頑張れるんじゃないの~と思ってしまう。女の子カタログみたいなマンガなわけですし。(そんなに巻数続けられないでしょという危惧とあわせて)

・(凹田)『放課後のトラットリア』(1)(水口鷹志・橙乃ままれ/ほるぷ出版/コミックメテオ)
学園料理ものかと思いきや、がっつりファンタジー!そこは原作者の本分か。
まとめかたに悩むが、料理ものというよりは異世界ものでまとめた方が良さそう。装丁が気になる。

・(りゅーと)『マジカルシェフ少女しずる』(水あさと/アース・スターエンタテイメント/月刊コミックアーススター)
水あさとは即売会などのイベント出展も多く、コミック専門店マンガを他誌で連載しているので、アニメやゲーム等のメディアに明るい層に認知されているハズ。アーススター本誌が声優のグラビアを使っており、ドラマCDやアニメ化などのメディアミックスをかなり推進していたが、メインターゲットと親和性のある作家のオリジナルタイトルは台頭してこなかった。
ようやく「アーススター」という雑誌のカラーとマッチした作品がコミックスになったという感じ。この作品を屋台骨に既刊も揃えてアーススターの棚を改めて構築する予定。マンガ好きのためには『ノブナガン』(久正人)や『pupa』(茂木清香)あたりが必備になるだろうか。

・(凹田)『ぼくらのへんたい』(2)(ふみふみこ/徳間書店/コミックリュウ)
最近いろいろなところでいろいろな作品を出していて作者の認知度も上がってきている(と思う)。出版社ごとの棚組をせずにこの作家は作家棚やフェアコーナーでまとめた方が作品間の風通しが良くなる。

今週の思うところ
12月31日
・・・
1月1日
・・・
1月2日
・・・
1月3日
・・・
1月4日
・(凹田)ジャンプコミック
年明け発売のものより年末発売の方が反応は良かった。変に分けるよりはまとめての発売の方がお客さんにも親切だろう。
1月5日
・・・
その他
・(myt)「flowers」本誌で『とりかえばや』(さいとうちほ)、『アシさん』(タアモ)の1巻が3月と告知。1巻がどんどん出る。勢いがある。『アシさん』は今売りの腐女子ペア面白かったな。マンガ家マンガというよりはギャグマンガの体で欲しいな。

・(myt)アニメ「まんがーる!」の企画(とPVの出来)には空いた口が塞がらない。

・(myt)今週『梅酒』(幸田真希/マッグガーデン/avarus)が動いた。見本では帯は外した。元書店員って誰?

■2012年12月28日~2013年1月3日(myt調べ)
タイトル出版社指数値
HUNTER×HUNTER  32集英社9.08
NARUTO-ナルト-  63集英社5.03
暗殺教室   2集英社3.59
青の祓魔師  10集英社3.12
HUNTER×HUNTER  31集英社1.13
うちの妻ってどうでしょう?   5双葉社0.73
暗殺教室   1集英社0.72
3月のライオン   8白泉社0.72
ハイスコアガール   3スクウェア・エニックス0.66
シュトヘル   7小学館0.66
ソウルイーター  23スクウェア・エニックス0.64
変身のニュース講談社0.64
げんしけん  13 二代目の四講談社0.6
アオハライド   6集英社0.59
ゲゲゲの家計簿 下小学館0.55
風光る  33小学館0.54
聖☆おにいさん   8講談社0.5
東京シャッターガール   2日本文芸社0.48
ストロボスコープリブレ出版0.43
梅酒マッグガーデン0.43
毎日かあさん   9 育っちまった編毎日新聞社0.42
BLEACH-ブリーチ-  57集英社0.4
進撃の巨人   9講談社0.4
テラフォーマーズ   1集英社0.38
土竜の唄  33小学館0.37
大奥   9白泉社0.36
男子高校生の日常   7スクウェア・エニックス0.34
VANILLA FICTION   1小学館0.34
ささみさん@がんばらない   1小学館0.34
テラフォーマーズ   2集英社0.33
テラフォーマーズ   3集英社0.32
拳奴死闘伝セスタス   3白泉社0.32
海街diary   5 群青小学館0.32
純情ロマンチカ  16角川グループパブリッシング0.31
あさりちゃん  98小学館0.31
私がモテないのはどう考えてもお前らが 3スクウェア・エニックス0.31
ひだまりスケッチ   7芳文社0.3
きのう何食べた?   7講談社0.3
ToLOVEる-とらぶる-ダークネス 6集英社0.3
名探偵コナン  78小学館0.29
ゴーグル講談社0.29
AZUMI あずみ  13小学館0.29
カノジョは嘘を愛しすぎてる  10小学館0.28
大東京トイボックス   9幻冬舎0.28
ポテン生活   9講談社0.27
日日べんとう   1集英社0.27
神のみぞ知るセカイ  20小学館0.27
ローゼンメイデン   8集英社0.27
DoDaDancin’! ヴェネチ 12集英社0.26
Piece   9小学館0.26

「週刊コミタン! 2013/01/06号」への1件のフィードバック

  1. 年末年始の荷物停止もあり、今週の指数値は異常値が叩きだされた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です