週刊コミタン! 2013/01/20号

来週の気になるタイトル
1月21日
・・・
1月22日
・(myt)『ハヤチネ!』(2)(福盛田藍子/スクウェア・エニックス/ガンガンONLINE)
同社の『ばらかもん』(ヨシノサツキ)から女性客を流したり、双葉社『銀のニーナ』(イトカツ)から男性客を流したり。スクエニの若いタイトルは追加がイマイチ安定して取れない。

・(凹田)『ハヤチネ!』(2)(福盛田藍子/スクウェア・エニックス/ガンガンONLINE)
1巻が思ったより数字が出ていない。個人的には東北の民俗・風俗のマンガだと思っているのだが、子供マンガの印象が強そう。『南国トムソーヤ』(うめ/新潮社/@バンチ)などとの併売が良いと思う。

1月23日
・(myt)『ポテン生活』(10)(木下晋也/講談社/モーニング・ツー)
早いようでもう最終巻。雑誌の中でいう箸休め的4コママンガがむやみに長期化せず、同じ作家の新作に切り替わっていくというのはいいんじゃないでしょうか。どこからでも読めるとはいえやはり1巻が入り口になるので。

・(myt)『勇者ヴォグ・ランバ』(1)(庄司創/講談社/アフタヌーン)
よほどイケてる装丁でない限り、「アフタヌーン」購読者以外のマンガ読者が普通に入ってくることはなさそう。マンガ読者の中でもSF好み、あるいはSF読者そのものを見こみたい。短篇集から出してもいいかなと思ったけど。
伊藤計劃を並べるのが1番ヒキがあると思う。棚に文庫がある違和感も手伝う。

・(凹田)『ミタライ 探偵御手洗潔の事件記録』(1)(原点火・島田荘司/講談社/モーニング)
本格的ミステリ&サスペンス。絵も上手いので一般の層にも売りたい。2巻はいつになるのだろう?

・(凹田)『げんつき』(1)(アキヨシカズタカ/メディアファクトリー/フラッパー)
原付2種をフィーチャーしたバイク×女子高生マンガ。相模大野の高校に通う女子高生がツーリングをとおして社会性やバイクの魅力を学んでいく。女子高生目線で描くことで新しいバイクライフスタイルの提案にもなっている。著者はバイク雑誌「Young
Machine」にも作品を載せているようで、バイクパーツのディテールや運転操作の描き方が丁寧で好感。帯から想像に難くないが『ばくおん!』(おりもとみまな/秋田書店)との併売が吉。個人的には『ガールズライド』(磯本つよし/芳文社)との併売がオススメ。

1月24日
・・・
1月25日
・(りゅーと)『奈々子さん的な日常DASH』(1)(瓦敬助/小学館/モバMAN)
三部けいの別名義、コアマガジンからまさかの小学館へと版元を変えての刊行。シリーズ既刊は絶版のようだが、判型も変わったことで古参ユーザには手の出しやすい形になったのでは?新規層がどれだけ流入するかは未知数だが、モバMANのエロ系銘柄はかなり固めなので、それなり在庫しておきたいところ。

・(凹田)『ハニー』(1)(目黒あむ/集英社/別冊マーガレット)
絵柄が良く、分かりやすい。別マ読者には抵抗なく売れそう。そこから先の売り伸ばしが課題。

・(りゅーと)『ハニー』(1)(目黒あむ/集英社/別冊マーガレット)
安定の目黒あむクオリティなのだが、キャラの設定がテンプレすぎてリアルな学生層に響くかが不安。飛び道具だらけの別マ勢においてこの作品の存在は安心するのだが、いまいち売るヴィジョンが見えないのも確か。学生の中でも低年齢、もしくはこういったやりとりを客観的に眺めることのできるある程度、マンガを読みなれた人に向けて売るべきタイトルなのかもしれない。初速は抑え目でも、話題にしたがる人は多そうなので、配本が少ないようならば追加をとるべき。

・(チャリ)『ハニー』(1)(目黒あむ/集英社/別冊マーガレット)
雨の中倒れているヤンキーを助けたら、後日再会し・・・とまさに少女漫画の王道をいくストーリー。

・(チャリ)『花と落雷』(1)(渡辺カナ/集英社/別冊マーガレット)
渡辺カナ3作目にして、遂に巻数表記がある連載作品の登場。前2作は売れていたお店も多いと思うが短編などの巻数の無い単行本はコンスタントに売れているかコミック担当が好きじゃない限り棚寿命が短いので、これを機に渡辺カナの知名度が上がってくれると嬉しい。
そしてこの上記2作家は今後の別マを支えていく2本柱になると信じているので、25日に同時に発売するチャンスを生かして「別マ」の若手作品を盛り上げていきたい。

・(myt)『花と落雷』(1)(渡辺カナ/集英社/別冊マーガレット)
言葉のセンスがいいですよね。まだ若手棚にあっても違和感がないのが悲しい。「渡辺、お前は別マの柱になれ」という期待が大きいが世の中的にももうひとノビ欲しい。本誌と「bianca」もいずれ乖離していくのだろうか。

・(凹田)『花と落雷』(1)(渡辺カナ/集英社/別冊マーガレット)
著者のセンスが魅力的なので作家で推して、3冊出るこのタイミングで著者の知名度を爆発させたい。

・(myt)『シリウスと繭』(2)(小森羊仔/集英社/YOU)
1巻を強く売り伸ばしただけにドキドキの2巻。描くものの取捨選別のセンス、今日日あんまりいないタイプの絵柄は少し相対的な魅力なんだけどお客様方はそれをどうみたか。再来月からの新連載も楽しみ。

・(myt)『王妃マルゴ』(1)(萩尾望都/集英社/YOU)
連載を読んできて正直よくわからんという感じだったが、今売り「YOU」の池田理代子と萩尾望都の対談でこのマンガが女性の肉体的・官能的な価値観を描き出そうとしているのだと分かり見方が変わった。「正直よくわからん」と思っていること自体、男が女性に望む姿における前提を如実に映しているのだろう。この対談、お二人が「若い女の子フェロモンが~」「恋が~」といった話をしていてなかなか衝撃。

1月26日
・(りゅーと)『初恋は二度繰り返す』(冬織透真/小学館/Cheese!)
増刊でデビューしてから数年…ようやくのデビューコミックス。表題作は割と直近のものだが、読みきりストックがかなりあるハズなので、作品集としてはいささか古いものが多くなりそう。本誌連載中の『不機嫌なロゼット』が時間を空けずに単行本化しそうなので、それまでは維持、発売したら仕掛けていきたい。「Cheese!」含め、最近の小学館少女モノは、無自覚な天才が流行りものなのだろうか…。

・(りゅーと)『超級!機動武闘伝Gガンダム 新宿・東方不敗!』(6)(島本和彦/角川書店/ガンダムエース)
Gガンダム・ジ・オリジンとも言える本作を何故いまさら取り上げるのか?と思う方もいるかもしれないが、マンガ版としてリファインされた新しいガンダムが登場するのがこの巻なのだ。カトキハジメがリファインしたW同様に、コミックスを買っていなかったガンダムファンが手を伸ばす可能性があるきっかけになるので、既刊はそれなりに準備しておきたい。

・(凹田)『仏像のまち』(2)(蒼木雅彦/メディアファクトリー/ジーン)
『鎌倉葵茶房』(PHP)とも併売を。

・(凹田)『廃墟少女』(尚月地/講談社/ARIA)
未読なので個人的に期待。『艶漢』(6)(新書館/Wings)と同時刊。単巻なので買いやすく『艶漢』の実績以上の販売が見込めそう。

今週の思うところ
1月14日
1月15日
・(myt)『坂本ですが?』(1)(佐野菜見/エンターブレイン/Fellows!)
勢い止まらず品切れ。下旬重版は対応が早くてありがたい。しかしなんでこれだけ売れてるんだろう。「Fellows!」のパイよりデカイだろうし。投げ込み効いたのかなー。購入はほぼ女性の印象。

・(チャリ)『坂本ですが?』(1)(佐野葉見/エンターブレイン/Fellows!)
早くも重版が決まった模様。ポスト『ヒナまつり』になるか。

・(凹田)『坂本ですが?』(1)(佐野菜見/エンターブレイン/Fellows!)
追加が少なく蒸発寸前。こういう作品に売れがついてくるのは嬉しい。大きく展開してより多くの客層に広めたい。

・(myt)『ハクメイとミコチ』(1)(樫木祐人/エンターブレイン/Fellows!)
こちらも在庫はほぼ逝きかけ。今のところ購入者層は女性10割のような・・・。こちらも重版。

・(チャリ)『ハクメイとミコチ』(1)(樫木祐人/エンターブレイン/Fellows!)
表紙がいいので、新刊コーナーで埋もれることなく目につきやすい。『乙嫁語り』に試し読みが入っていることからわかるように森薫ファンと相性がよさそうだし、チマっとしたキャラと描き込みの雰囲気から大石まさると一緒に置いても楽しい。

・(凹田)『ハクメイとミコチ』(1)(樫木祐人/エンターブレイン/Fellows!)
配本少。追加0。うーん・・・。『乙嫁』(5)に投げ込みがあったことから、期待されているはずだが。至急追加希望。

1月16日
・(myt)『花の名を知らない』(杉山小弥花/秋田書店)
やっぱりプリンセスコミックスだったかー。「プリンセス」といえばよみきり総選挙。くまだゆかに一票。
1月17日
・(凹田)『となりの山田さん』(1)(古閑裕一郎/講談社/マガジンSPECIAL)
追加が取れなくて泣きそう。週マガ召喚も近い?
1月18日
・(りゅーと)『ファンタジスタステラ』(1)(草場道輝/小学館/週刊少年サンデー)
予想に反して絶好調。本田が主役扱いだろうとファンタジスタというネームは強かったということか。このまま2巻に続いてくれれば、ウチではサンデーの中でも上位の売り上げは間違いない。

・(りゅーと)『WxY』(2)(マドカミチコ/集英社/ヤングジャンプ)
初日にして消化5割という立派な数字。仕入れを少し日和ったかな。言葉のチョイスが絶妙で、主人公の基本的に情けないながらもスジの通ったかっこよさが自然と笑えてくる。連載分でそのセンスは発揮され続けているので、一定の層には発売日をチェックするレベルで認知されているハズ。継続販売は必至。

・(凹田)『百合男子』(3)(倉田嘘/一迅社/百合姫)
2巻同様ストイックな表紙。売りたくないのか?売れたくないのか?

・(凹田)『日々ロック』(4)(榎屋克優/集英社/週刊ヤングジャンプ)
普通の音楽マンガのような帯。あれ?

・(凹田)『忘却の首と姫』(1)(惣司ろう/白泉社/花とゆめ)
りゅーと君好きそう!

1月19日
・(凹田)『キミにともだちができるまで。』(1)(保谷伸/徳間書店/ゼノン)
単行本になってみると案外コマが小さくて初速出るのに時間がかかりそう。同発の『のぼさんのカノジョ?』(1)(モリコロス/徳間書店/ゼノン)の方がうちでは動きそう。
その他
・(myt)今売り「デザート」でデビューした三月薫、2013年要注目と見た。

・(myt)「コミックビーム」の横山旬『白い狸 前編』、左藤真通『闇童子とろろ姫』面白かった。
横山旬は上下編なので来月もね。ちょいB級なホラー・エンタメなのが今の「ビーム」では清涼剤感ある。描き込みに熱量があって狼男の毛の感じにいい異形感。
左藤真通、本誌では左藤真”道”だが”通”が正しいらしい。磋藤にゅすけを連想。逃避じゃ逃避じゃー。

■2013年1月11日~1月17日のレポート(myt調べ)
タイトル出版社指数値
乙嫁語り   5エンターブレイン6.76
となりの怪物くん  11講談社2.38
ブラック・ジャック創作秘話~手塚治虫 2秋田書店1.75
好きっていいなよ。  10講談社1.69
失恋ショコラティエ   6小学館1.3
坂本ですが?   1エンターブレイン1.16
式の前日小学館0.74
東京アリス  10講談社0.68
ハクメイとミコチ   1エンターブレイン0.66
きょうのキラ君   4講談社0.66
HUNTER×HUNTER  32集英社0.64
聖☆おにいさん   8講談社0.55
バッファロー5人娘祥伝社0.53
BTOOOM!  10新潮社0.52
のりりん   6講談社0.5
空が灰色だから   4秋田書店0.46
海街diary   5 群青小学館0.45
花よりも花の如く  11白泉社0.42
夏目友人帳  15白泉社0.42
ヒャッコ   7ほるぷ出版0.42
NARUTO-ナルト-  63集英社0.42
修羅の門 第弐門   8講談社0.41
信長のシェフ   6芳文社0.38
修羅の門異伝 ふでかげ   4講談社0.37
ロマンチカ クロック   1集英社0.37
青の祓魔師  10集英社0.37
危ノーマル系女子   1ほるぷ出版0.37
HUNTER×HUNTER  31集英社0.35
にがくてあまい   6マッグガーデン0.35
大好きが虫はタダシくんの 阿部共実作品集秋田書店0.34
-準備中。   2小学館0.34
はじめの一歩 102講談社0.3
キミと楽園ROOM   1小学館0.29
金魚坂上ル   1講談社0.28
あなたのことはそれほど   1祥伝社0.28
テラフォーマーズ   3集英社0.28
珈琲時間講談社0.28
人間仮免中イーストプレス0.28
ビブリア古書堂の事件手帖   2角川書店0.28
アゲイン!!   7講談社0.27
オオカミ少女と黒王子   5集英社0.27
遊☆戯☆王5D’s   5集英社0.27
エリア51   5新潮社0.27
明治緋色綺譚   6講談社0.25
暗殺教室   2集英社0.25
桜姫華伝  12集英社0.25
銀のスプーン   6講談社0.24
マギ  13小学館0.24
きのう何食べた?   7講談社0.24
琴浦さん   2マイクロマガジン0.23

「週刊コミタン! 2013/01/20号」への1件のフィードバック

  1. >>『ハヤチネ!』→『南国トムソーヤ』
    それありだな~。

    ランキングは『坂本ですが?』と『ハクメイとミコチ』が動きの良さを反映して初単行本ながら好位置。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です