だいたい日刊コミタン!2013/01/25号

今日の気になるタイトル
1月25日
・(りゅーと)『奈々子さん的な日常DASH』(1)(瓦敬助/小学館/モバMAN)
三部けいの別名義、コアマガジンからまさかの小学館へと版元を変えての刊行。シリーズ既刊は絶版のようだが、判型も変わったことで古参ユーザには手の出しやすい形になったのでは?新規層がどれだけ流入するかは未知数だが、モバMANのエロ系銘柄はかなり固めなので、それなり在庫しておきたいところ。

・(凹田)『ハニー』(1)(目黒あむ/集英社/別冊マーガレット)
絵柄が良く、分かりやすい。別マ読者には抵抗なく売れそう。そこから先の売り伸ばしが課題。

・(りゅーと)『ハニー』(1)(目黒あむ/集英社/別冊マーガレット)
安定の目黒あむクオリティなのだが、キャラの設定がテンプレすぎてリアルな学生層に響くかが不安。飛び道具だらけの別マ勢においてこの作品の存在は安心するのだが、いまいち売るヴィジョンが見えないのも確か。学生の中でも低年齢、もしくはこういったやりとりを客観的に眺めることのできるある程度、マンガを読みなれた人に向けて売るべきタイトルなのかもしれない。初速は抑え目でも、話題にしたがる人は多そうなので、配本が少ないようならば追加をとるべき。

・(チャリ)『ハニー』(1)(目黒あむ/集英社/別冊マーガレット)
雨の中倒れているヤンキーを助けたら、後日再会し・・・とまさに少女漫画の王道をいくストーリー。

・(チャリ)『花と落雷』(1)(渡辺カナ/集英社/別冊マーガレット)
渡辺カナ3作目にして、遂に巻数表記がある連載作品の登場。前2作は売れていたお店も多いと思うが短編などの巻数の無い単行本はコンスタントに売れているかコミック担当が好きじゃない限り棚寿命が短いので、これを機に渡辺カナの知名度が上がってくれると嬉しい。
そしてこの上記2作家は今後の別マを支えていく2本柱になると信じているので、25日に同時に発売するチャンスを生かして「別マ」の若手作品を盛り上げていきたい。

・(myt)『花と落雷』(1)(渡辺カナ/集英社/別冊マーガレット)
言葉のセンスがいいですよね。まだ若手棚にあっても違和感がないのが悲しい。「渡辺、お前は別マの柱になれ」という期待が大きいが世の中的にももうひとノビ欲しい。本誌と「bianca」もいずれ乖離していくのだろうか。

・(凹田)『花と落雷』(1)(渡辺カナ/集英社/別冊マーガレット)
著者のセンスが魅力的なので作家で推して、3冊出るこのタイミングで著者の知名度を爆発させたい。

・(myt)『シリウスと繭』(2)(小森羊仔/集英社/YOU)
1巻を強く売り伸ばしただけにドキドキの2巻。描くものの取捨選別のセンス、今日日あんまりいないタイプの絵柄は少し相対的な魅力なんだけどお客様方はそれをどうみたか。再来月からの新連載も楽しみ。

・(myt)『王妃マルゴ』(1)(萩尾望都/集英社/YOU)
連載を読んできて正直よくわからんという感じだったが、今売り「YOU」の池田理代子と萩尾望都の対談でこのマンガが女性の肉体的・官能的な価値観を描き出そうとしているのだと分かり見方が変わった。「正直よくわからん」と思っていること自体、男が女性に望む姿における前提を如実に映しているのだろう。この対談、お二人が「若い女の子フェロモンが~」「恋が~」といった話をしていてなかなか衝撃。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です