だいたい日刊コミタン! 2013/03/09号

今日の気になるタイトル
3月9日
『いつかティファニーで朝食を』(2)(マキヒロチ/新潮社/@バンチ)
・1巻の初速は良くなかったが、女性コミック売り場の平台に移した後にゆっくりとだがコツコツと売れている。メディアでも取り上げられ注目度はあがっているので、発売時には再アピールをしたい。
・「フィールヤング」前かめしマンガかの棚で女性層に向けて一度は仕掛けてみるべきタイトル。併売はフックに使うなら『きのう何食べた?』、『喰う寝るふたり住むふたり』。他には『Hatch』(村上かつら)も売りたい。

『ザッドランナー』(4)(カサハラテツロー/新潮社/@バンチ)
・連載終了が惜しまれる。次の作品にも期待。個人的には学園要素を排除してメカニックの部分を強調した作品が読んでみたい。

『カーマトリック』(中西達郎/マッグガーデン/ブレイドオンライン)
・面白い作品なんだがオールカラーA5版型1260円というのが難点。数を売るというよりは面白さをしっかり伝えて確実に売っていくイメージ。

『お気の毒ですが、冒険の書は魔王のモノになりました。』(1)(サイトウミチ・KAKERU/日本文芸社/コミックヘブン)
・KAKERU初の原作タイトル。同誌連載中の『天空の扉』と同様の客層が期待できる。『天空の扉』よりも間が上手いというか、シリアスなシーンにもついつい笑ってしまうようなシュールさが際立つダークファンタジー。

『カーマトリック』(中西達郎/マッグガーデン/ブレイドオンライン)
・奇才、中西達郎の最新作にして、5年ぶりの原作以外のタイトル。異形の侵略者に蹂躙されていく世界を舞台に始まるボーイミーツガール。A5判型フルカラーとマッグガーデンの中でもかなり異色の作品で、売り伸ばすというのは難しいだろう。いくつもの伏線が、収拾されることなく単巻で終わりそうというのが非常に残念だが、表紙もなかなか良さげなのでウチは仕掛ける。物凄くマニアックというか、ファンが限られた作者なので、仕掛けるならば新規層に売っていくことをまず考えるべき。正直、なかなか厳しいと思うがオレはなんとか売ってみせる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です