週刊コミタン! 2013/09/29号

来週の気になるタイトル
09月30日
・この日は2巻ものも含めて小学館の若手タイトルが大集合している。賞ものにうってつけなまとまり。

『おしゃべりは、朝ごはんのあとで。』(1)(秀良子/小学館/やわらかスピリッツ)
・配本は少なめ、やわスピレーベルの第一弾タイトルだが、部数はかなり現実的なのか?ある程度の実績がある作家だが、本来の客層よりも大きく広がっていく可能性は大いにある。単巻なので、他のタイトルと併売して数字につなげていきたい。
・併売はやはり『ティファニー』。デフォルメが聞いているので客層は広そう。また、PDFで読めるコード付きというのもWEBコミックユーザーに親和性の高そうな施策。
・BLでの実績に鑑みるにやわスピ創刊勢の軸として十分すぎるほどだが、『トド彼』(1)(高嶋あがさ/同)のほうもガッツリ推してこの媒体の面白さを長続きさせたい。

『トド彼』(1)(高嶋あがさ/小学館/やわらかスピリッツ)
・トドはいいけどDVっぽくてちょっと読みつつ辛く思いながら業田良家『自虐の詩』を思い出した。

『薄花少女』(1)(三浦靖冬/小学館/IKKI)
・既刊はほぼ絶版?併売すると間違いなく数字出ると思うけど、無理っぽいのが残念。装丁は雰囲気があって良いのだけど、汚損の目立ちそうな紙なのが気になった。まずは30代以上のコアな男性向けかなぁ。個人的にはジブリで映像化するくらい売れる。
・大きなお友達向けに。独特な絵柄は女性にもウケそう。
・編集部販促物等々を眺めていてどんな推され方をするマンガなのかがイマイチ掴めない。「快楽天」当時ってどんな感じだったんでしょうか。
・でも女性向けではないかなと反応している。なんかイヤらしさを感じるマンガなんですよね。『千と万』(1)(関谷あさみ/双葉社/コミックハイ!)との併売からかなぁ。

『ヒガンバナの女王』(岡仁志太郎/小学館/ビッグコミックスピリッツ)
・個人的には結構好きだが、独特の絵柄と単巻、総合格闘というテーマでちょっと売りづらい。
・連載をつまみ読みしていたけどイカれた正気で面白そう。新井英樹とはいかないまでも。チェック。

『王様達のヴァイキング』(2)(さだやす・深見真/小学館/ビッグコミックスピリッツ)
・1巻発売時、同発の初刊に比べ配本が少なく売り逃した感が否めないが、追加入荷後は順調に動いている。前述のせいで気付かれていない可能性があるので2巻発売時には初刊の注文を取ったほうが良いと思う。

『チェイサー』(1)(コージィ城倉/小学館/ビッグコミックスペリオール)
・手塚治虫にやたら対抗意識を燃やす同時期のマンガ家を描く一作。手塚神を描いた『ブラック・ジャック創作秘話』に対するとこちらはちょっと軸をずらしたトキワ荘勢という感じで笑いをとる仕上がり。江口寿史が「アクション・ゼロ」でやってたトキワ荘マンガの単行本化求む。
・それとなんでタイトルロゴがゴルゴ調なのかが気になっています。

10月01日
・・・
10月02日
・・・
10月03日
・・・
10月04日
『椿坂トリコロール』(池ジュン子/白泉社/青LaLa→LaLa)
・時たま出てくる白泉社ド直球青春ものの系譜。トリコロールLaLaの青を象徴する作品。最近のややライトなアフタヌーンとか、スクエニとかそこらへんでも売れる。客層は高めで、初速よりも棚で長く回転する作品になりそう。
・この配本をとるために同作家の『BEAR BEAR』(1)を売ったのだ。男が好きな白泉社ってこんな感じなのかなと思いつつ、自店の玄人女性客にどう受けとめられるか少し恐い。

『バロンドォォォォォル!!』(四谷孝志/講談社/ライバル)
・ここ最近、サッカーマンガが好調なので、ぜひともその流れに乗せたいタイトル。昔はイマジネーション溢れるプレイヤーが主役な作品が多かったけれど、最近の風潮としてはフィジカルありきでテクニックは努力で補完みたいに変化しているのが現実とリンクしていて面白い。1巻表紙がキャラのアップで、作品の情報が少なかったので、もうちょっと描写や設定がわかるような形にしてほしいものだが…。

『ヤンキー塾へ行く』(1)(荒木光/講談社/ヤングマガジン)
・10月のイチオシ。どヤンキーが塾に行き宇宙飛行士を目指す!が、やっていることはヤンマガらしいヤンキーの日常。バランスが上手い。
・雑誌コア層と単行本需要の相関は薄い。新刊台・準新刊台だとギャグマンガとして推せるのではないだろうか。参照は『A-BOUT!』(市川マサ)の推して伸びた部分で。

『FANTASMA』(1)(賀来ゆうじ/集英社/ジャンプSQ.)
・版元がどのくらい推してくるのか気になるところ。

『てとくち』(1)(河下水希・大崎知仁/集英社/ジャンプSQ.)
・作家のネームバリューはあるけど、、、うーん。

10月05日
・・・
今週の思うところ
・月スピの読みきり、全体的に面白かった。特に『地の底の天上』はもうちょっと中盤のエピソードにページを割いて、短期集中連載とかで読みたいくらいの完成度だったと思う。それをあのページ数でやれちゃうのが凄いとこだけど。

・ARIA瞬殺。進撃の巨人による進撃はいつまで続くのか。

「ウルトラジャンプ」
・遅ればせながら新人の『サテライトブルース』(木村聡)が出物。

「月刊アクション」
・やっと表紙からアクション仮面が消え、いよいよにして今さらという感じも。巻頭が柳本光晴なのはアンケートと期待の現れか?

「アフタヌーン」
・清家雪子新連載がぶっ飛んでて面白い。何する話なのかちっとも分からないのに面白い。

■2013年09月20日~同26日のレポート(myt調べ)
タイトル出版社指数値ISBN
へうげもの  17講談社2.044063872386
マギ  18小学館1.64091243835
スキップ・ビート!  33白泉社1.584592194934
ばらかもん   8スクウェア・エニックス1.584757539584
私がモテないのはどう考えてもお前らが 5スクウェア・エニックス1.124757540647
干物妹!うまるちゃん   1集英社0.85408879706X
学園アリス  31白泉社0.84592194713
ボールルームへようこそ   5講談社0.84063713881
日々蝶々   5集英社0.744088450965
オオカミ少女と黒王子   7集英社0.714088451015
神のみぞ知るセカイ  23小学館0.714091243819
yeah! おひとりさま朝日新聞出版0.684022141123
いとしのムーコ   4講談社0.654063524833
神の雫  39講談社0.644063872475
ハチワンダイバー  30集英社0.64088796500
進撃の巨人   8講談社0.64063847128
桜の花の紅茶王子   1白泉社0.594592196058
ちはやふる  22講談社0.59406380397X
ブラック・ジャック創作秘話~手塚治虫 4秋田書店0.574253132421
マギ シンドバッドの冒険   1小学館0.554091243908
強殖装甲ガイバー  30書店0.544041208343
天地明察   5講談社0.544063879208
進撃の巨人  10講談社0.544063848396
オールラウンダー廻  12講談社0.524063524825
天使1/2方程式   4白泉社0.514592190092
ボクを包む月の光  13白泉社0.514592190971
進撃の巨人  11講談社0.5406394901X
イノサン   2集英社0.494088797086
大東京トイボックス  10幻冬舎0.494344829115
魔法少女リリカルなのはViVid 10書店0.484041208858
NARUTO-ナルト-  66集英社0.474088708016
YES!   3集英社0.424088451066
ぎんぎつね   9集英社0.414088796535
食戟のソーマ   4集英社0.394088708229
あやかし緋扇  10小学館0.394091354157
さんてつ 日本鉄道旅行地図帳 三陸鉄道新潮社0.39410771652X
プリンシパル   7集英社0.384088450922
進撃の巨人   9講談社0.384063847764
史上最強の弟子ケンイチ  53小学館0.384091244041
RiN   3講談社0.374063768856
進撃の巨人   1講談社0.374063842762
ひるなかの流星   7集英社0.364088450957
ホークウッド   4メディアファクトリー0.354840153256
進撃の巨人   7講談社0.324063846520
ファンタジスタ ステラ   4小学館0.324091243789
限定版 ハヤテのごとく!  38小学館0.324091591639
進撃の巨人   4講談社0.314063844692
進撃の巨人   6講談社0.314063845915
デビルズライン   1講談社0.314063872556
新テニスの王子様  11集英社0.31408870813X

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です