週刊コミタン! 2012/11/25号

来週の気になるタイトル
11月26日
・(凹田)『ユミンにご飯を食べさせたい』(Boichi/少年画報社/月刊ヤングキング)
最近多いグルメ漫画。画力は申し分無し。絵の雰囲気など、深谷陽の『スパイシーカフェガール』や『スパイスビーム』(日本文芸社)が好きな人に合いそう。

・(りゅーと)『いけいけ!僕らのVガンダム!!完全版』(ことぶきつかさ/角川書店/復刊)
連休の都合で恐らく既に搬入している店舗がほとんどだと思うが、ブッ飛んだパロディで有名な名作の復刊。ガンダム系が強く古参ユーザの多い店舗では確実に需要があるであろうタイトル。

・(りゅーと)『ぴんとこな』(8)(嶋木あこ/小学館/Cheese!)
巻数もあり、なんでここで?というタイトルだが、本編はいい感じに進んでいる。29話のラストシーンは必見。メディアにより盛り上げられて動いたタイトルで、刊行ペースを気にしない読者も多そうなので、しっかりと新刊アピールするべき。

11月27日
・(チャリ)『かみあり』(4)(染谷カイコ/一迅社/REX)
島根県出雲地方を舞台とした、神さまの見える世界で生活する女子高生のお話。回を進めるごとに作家の力量が成長中していくのが読み取れるし(特に物語の構成力が上手くなってきている)、そろそろブレイクしてもいいんじゃないか?なにかしらの動きを感じる『いなり、こんこん、恋いろは』(よしだもろへ/角川書店/ヤングエース)と一緒に並べて売りたい。

・(凹田)『平成生まれ』(2) (完) (ハトポポコ/芳文社/まんがタイムきららキャラット)
今一番面白い四コマ漫画という触れ込みでイチオシ四コマとして展開していましたが…。次回作にも期待!

・(myt)『平成生まれ』(2) (完) (ハトポポコ/芳文社/まんがタイムきららキャラット)
完結は意外でした。唐突な最終回には他社に行くんだろうなぁと予測せざるを得ません。よく動くタイトルです。

・(チャリ)『カゲロウデイズ』(1)(佐藤まひろ・じん(自然の敵P)/メディアファクトリー/コミックジーン)
原作というかノベライズが売れているのでコミカライズでも反応がありそう。

・(りゅーと)『ラノベ☆王子聖也』(1)(さかもと麻乃/メディアファクトリー/ジーン)
モデルになった?編集者は退社したが、ドラマCD展開などもあり「ジーン」ではプッシュしていきそうなタイトル。比較的女子が介在することのなく、男子たちの日常を楽しむタイプの乙女ゲーっぽい。

・(myt)『百花のしるし』(カネコマサル/AMW/電撃大王ジェネシス)
「電撃大王ジェネシス」の遺児。ほんわか系として売れそうな素材だと思います。女性に推したいではなく推されたいタイトル。

11月28日
・(チャリ)『ライジングサン』(2)(藤原さとし/双葉社/漫画アクション)
1巻の発売時、予想よりも売れて驚いた書店員も多いはず。
自衛隊ものなので、お店の近くに自衛隊の関連施設がある所は是非しかけてほしい。
居場所を求めた1巻から、自衛隊員の現実を知る2巻への主人公の顔の変化に注目。

・(りゅーと)『ライジングサン』(2)(藤原さとし/双葉社/アクション)
1巻は初速もよく、堅調に売り伸ばしている。自衛隊というテーマも非常にキャッチーであり、政治周りがザワザワしてくるタイミングでは興味が向きそうなタイトル。今後もコンスタントに刊行が期待できるので若い巻のうちに売り伸ばしたい。

11月29日
・(チャリ)『あねコミ』(2)(井上和郎/白泉社/ヤングアニマルあいらんど)
なかなか出ないので、存在を忘れかけていた。(1巻が出たのが2011年2月)
「週刊少年サンデー」でマニアックなフェチズムを扱った作品を発表してきた作者が、舞台を青年誌に移して挑戦した作品の最終巻。あいらんどで人気が出たかは別として作者の絵柄は少年誌に向いていると思うので、サンデーに復帰し胸や尻で留まっている少年たちに新しい性癖を植え付けてほしい。

『君の中の少年思考』(1)(金子歩/白泉社/ヤングアニマル)
「ヤングアニマル」に突如として現れた問題作。本誌での連載は終了したかと思いきや、年末に再開予定とのこと。思春期男子の性をBLというよりはTS的に埋めていく作品。

11月30日
・(凹田)『となりの801ちゃん+ 限定版』(1)(小島アジコ/宙出版)
限定版は中村明日美子、木尾士目、門地かおり、南国ばなな、えすとえむ、上田宏、近江陽一郎(D2)、川崎三枝子、サメマチオ、須和雪里ら豪華執筆陣の小冊子「ヤオハル」付き。

・(凹田)『I KILL GIANTS』(J.M.ケン・ニイムラ&ジョー・ケリー/小学館/IKKI)
アメコミの翻訳本。この値段でこんな作品が読めるのは嬉しい。棚のアクセントにも。

・(凹田)『特火点 花沢健吾短篇集』(花沢健吾/小学館)
花沢健吾の初期作品はリビドーに溢れていてすごく良い!

・(myt)『ダーリンは55歳』(山崎紗也夏/小学館/IKKI)
棚の作りとしては泉晴紀の要素をオシかなー。

・(凹田)『コレクターズ』(1)(西UKO/白泉社/楽園)
好きを超えて愛してしまう蒐集家たちの不器用な恋模様。個人的にイチオシの百合漫画。ビブリオや服飾の知識も得られます。

・(りゅーと)『拝啓、旧人類様。』(2)(野田宏/小学館/月刊スピリッツ)
流行りネタや現代メディアあるあるを未来人が勝手に勘違いして崇めるコメディ。1巻はしっかり売りました。週刊や月刊のスピリッツにおいて、サンデーを経由した作家の活躍が目立つがその急先鋒とも言える。WEB媒体の「やわらかスピリッツ」のコミックスを参照できるタイトルになるはず。

12月1日
・・・
今週の思うところ
11月19日
・(凹田)22日の新刊の多さに記憶を半分くらい失っているが、11/19『WxY』(1)(マドカマチコ/集英社/ヤングジャンプ)が発売日に瞬殺。入荷が少なかったこともあるが、単行本化待ちしていた人がちゃんといる印象。

・(myt)『東京カラス』(1)(宮下裕樹/小学館/サンデーGX)
表紙の話。銀・灰色地に白い文字はシュリンクかかった後の光の反射で文字が読めなくなるのでNG。

・(myt)「電撃大王ジェネシス」(AMW)休刊。『やさしいセカイのつくりかた』(竹葉久美子)は「電撃大王」へ。近頃はやりのおもらしマンガ戦線を補強するであろう『ギリギリアウト』(ソウマトウ)は現在のところ移籍先不明。

11月20日
・(チャリ)「漫画アクション」(双葉社)でオジロマコトの新連載『富士山さんは思春期』がスタート。
女の子の眉毛をしっかり描いているところに、期待が高まる。以降、水瀬マユ・王欣太・大井昌和の連載も決まりますます目が離せない雑誌に。

・(凹田)『喰う寝るふたり、住むふたり』(1)(日暮キノコ/徳間書店/コミックゼノン)も好調な初速。重版間近か?

・(myt)「コミックゼノン」は3点とも好調……と言いたいところだが『喰う寝るふたり、住むふたり』(1)(日暮キノコ/徳間書店)が頭ひとつ抜けて『おとりよせ王子飯田好実』(2)(高瀬志帆)が続く感じ。『夜さん』(1)(佐原ミズ)の単行本には上記2作の試し読みが入っており、その逆はなしというのが裏目になってしまうか?確かに佐原ミズがリーディングになると思ったんだけどなぁ。「ゲッサン」由来(?)の試し読み封入は今後しばらくスタンダードになりそうだ。誘導効果はあると思う。

・(りゅーと)『喰う寝るふたり、住むふたり』(1)(日暮キノコ/徳間書店/コミックゼノン)が非常に好調で、年末にかけてはある程度、在庫を持っておきたい。

11月21日
・(チャリ)「週刊少年サンデー」(小学館)に長き沈黙を破って田辺イエロウが帰ってきた!
『結界師』でも描いた人間の後ろめたさや業の深さを連載一話目から持ってきている辺りに、長期で描く意気込みを感じる。

・(myt)「週刊少年サンデー」(小学館)、売り切れました。

11月22日
・(凹田)『変身のニュース』(1)(宮崎夏次系/講談社/モーニング・ツー)貴方を日常から連れ出す素敵な1冊。

・(凹田)ヤマダの『花とハリネズミ』(1)『鈴木さん』(1)(スクウェア・エニックス)。入荷少なかったが、反応は悪くなくて安心。追加をとってちゃんと展開していきたい。

・4コマ作品である『月刊少女野崎くん』(椿いづみ/スクウェア・エニックス/ガンガンONLINE)も1巻に引き続き好調で、スクエニ刊行のB6判4コマ作品の波を感じる。

・(myt)あまりの新刊量に死ぬかと思った。棚がだいぶ塗り替えられた。

11月23日
・(myt)プチ京都書店巡りしてきました。四条河原周辺は激動ですね。京都大学漫トロピーの2012ランキング本も、各種タイトルに団体として多角的な評価がなされた素晴らしい一冊。
11月24日
・(myt)『「く-ろんず」シリ-ズ 空論基礎』(1)(ダ・ヴィンチ・恐山/スクウェア・エニックス/ビッグガンガン)
いつの間にか改題され、装丁は赤本を模してすごいことになっていた。左右にスクウェア・エニックスを全く寄せ付けない装丁だが、ギャグマンガの棚にいれるならこれでいいかな。佐賀県伊万里市関係ないやろ!あと「コミPo!」由来かどうかは分かりませんが学生服モデルのキャラクターのおっぱいサイズが全部同じなことが不満です。追加とるのは厳しそう。

・(myt)『WORKING!!』(11)(高津カリノ/スクウェア・エニックス/ヤングガンガン)
ついにウェブ版が完結!のせいか妙に初速が良かったような。

その他
・(りゅーと)新刊も非常に多く、配本に恵まれない作品をしっかりとアピールすることができなったことが悔やまれる。

・(myt)【備忘録】12月8日発売『ジョジョの奇妙な冒険 第2部総集編』(集英社)をきちんと手配すること。

・(myt)『グラゼニ』と『砂の栄冠』の相互フェアが面白い。応募券2枚を送ると現金が当たるのが売り文句。応募券がついているのはそれぞれの1巻と最新巻だが、購入者は損のない組み合わせを選ぶことができる。先日のカレンダーフェアといい最近の「ヤングマガジン」の販売施策は面白いなぁ。

■2012年11月16日~11月22日のレポート(myt調べ)
タイトル出版社指数値
リアル  12集英社2.20
キングダム  28集英社1.90
マギ  15小学館1.87
ましろのおと   7講談社1.75
FAIRY TAIL  35講談社1.57
暗殺教室   1集英社1.45
ボールルームへようこそ   3講談社1.41
テラフォーマーズ   3集英社1.32
新世紀エヴァンゲリオン  13角川書店1.26
ONE PIECE  68集英社1.18
ヴィンランド・サガ  12講談社1.06
変身のニュース講談社1.02
史上最強の弟子ケンイチ  49小学館0.83
capeta  30講談社0.78
LIAR GAME  15集英社0.78
AKB49~恋愛禁止条例~  11講談社0.77
鋼鉄の華っ柱   9小学館0.76
グラゼニ   8講談社0.72
喰う寝るふたり 住むふたり   1徳間書店0.71
妖狐×僕SS   8スクウェア・エニックス0.68
鋼鉄奇士シュヴァリオン   1エンターブレイン0.66
嘘喰い  27集英社0.66
鬼灯の冷徹   7講談社0.62
君のいる町  20講談社0.60
アオイホノオ   9小学館0.60
ADAMAS   8講談社0.58
式の前日小学館0.58
賭博覇王伝 零 ギャン鬼編   6講談社0.58
GT-R   1講談社0.53
おとりよせ王子 飯田好実   2徳間書店0.50
月刊少女野崎くん   2スクウェア・エニックス0.47
特装版 AKB49~恋愛禁止条例~ 11講談社0.46
坂道のアポロン BONUS TRACK小学館0.46
夢の雫、黄金の鳥籠   3小学館0.45
夜さん   1徳間書店0.44
月光条例  20小学館0.42
明治失業忍法帖-じゃじゃ馬主君とリストラ忍者- 3秋田書店0.42
かみのすまうところ。   1講談社0.41
新仮面ライダーSPIRITS   7講談社0.41
学園アリス  28白泉社0.41
オレンジ チョコレート  10白泉社0.39
鉄楽レトラ   3小学館0.39
電波教師   4小学館0.38
長門有希ちゃんの消失   5角川書店0.38
涼宮ハルヒちゃんの憂鬱   7角川書店0.38
お嫁さんは神様です。   1マッグガーデン0.37
バリスタ   8芳文社0.35
機動戦士ガンダムUCバンデシネ   7角川書店0.35
ZETMAN  18集英社0.34
LOVE SO LIFE  11白泉社0.33

「週刊コミタン! 2012/11/25号」への1件のフィードバック

  1. 『ぴんとこな』(8)のラストってあの恭之助と一弥の┌(┌ ^o^)┐ホモォなシーンになりますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です